超小型モビリティ導入の効果を検証…シンポジウムを3月22日に開催

自動車 社会 行政

チョイモビ ヨコハマ (日産提供)
  • チョイモビ ヨコハマ (日産提供)
  • 日産の超小型モビリティ(参考画像)
国土交通省は、超小型モビリティ導入促進事業の成果や課題、今後のあり方について、自治体やメーカー、有識者と意見交換するため、3月22日に「超小型モビリティシンポジウム」を東京国際フォーラム(東京都千代田区)で開催する。

超小型モビリティは、1~2人乗りの小さな車両で、軽自動車よりも小回りがきく。電動車両なため、静かで環境に優しい乗り物。国交省は、2013年から超小型モビリティの導入を支援しており、様々な地域で約5000台の車両が走行している。

シンポジウムでは、これまでの超小型モビリティ導入促進事業の成果や課題について、自治体やメーカーが発表するとともに、今後のあり方について有識者も交えて意見交換する。

また、シンポジウムとあわせて超小型モビリティの実車も展示する。

参加費は無料。定員は300人で事前申し込み制。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. トレーラーのブレーキ引き摺りによる火災事故、3年間で82件に

    トレーラーのブレーキ引き摺りによる火災事故、3年間で82件に

  2. 宇都宮市で13台中7台に整備命令 夜間の街頭検査

    宇都宮市で13台中7台に整備命令 夜間の街頭検査

  3. 自動操舵の10km/h制限を当分の間猶予…保安基準を改正

    自動操舵の10km/h制限を当分の間猶予…保安基準を改正

  4. ドライバーの異常を車外に通知、ブレーキ灯点滅などで…保安基準を改正

  5. ミラーレス車を解禁へ、国交省が基準を整備

  6. 重量オーバーを実名告発...高速道路機構と中日本高速

  7. 飲酒運転の警官2人を逮捕、直前には当て逃げ事故も起こす

  8. ひたちなかICで二輪車を対象に街頭検査…違法マフラー装着バイク1台に整備命令書を交付

  9. 「増設に向けた検討を指示」...バスタ新宿 女子トイレ問題

  10. 高速道路各社が過積載取り締まりを強化…悪質違反者初の告発も

アクセスランキングをもっと見る