超小型モビリティ導入の効果を検証…シンポジウムを3月22日に開催

自動車 社会 行政

チョイモビ ヨコハマ (日産提供)
  • チョイモビ ヨコハマ (日産提供)
  • 日産の超小型モビリティ(参考画像)
国土交通省は、超小型モビリティ導入促進事業の成果や課題、今後のあり方について、自治体やメーカー、有識者と意見交換するため、3月22日に「超小型モビリティシンポジウム」を東京国際フォーラム(東京都千代田区)で開催する。

超小型モビリティは、1~2人乗りの小さな車両で、軽自動車よりも小回りがきく。電動車両なため、静かで環境に優しい乗り物。国交省は、2013年から超小型モビリティの導入を支援しており、様々な地域で約5000台の車両が走行している。

シンポジウムでは、これまでの超小型モビリティ導入促進事業の成果や課題について、自治体やメーカーが発表するとともに、今後のあり方について有識者も交えて意見交換する。

また、シンポジウムとあわせて超小型モビリティの実車も展示する。

参加費は無料。定員は300人で事前申し込み制。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 高速新料金、導入で首都圏の渋滞損失時間が1割減

    高速新料金、導入で首都圏の渋滞損失時間が1割減

  2. 貸切バス事業者の運行管理者、態勢強化し、責任重く...軽井沢スキーバス事故対策検討委員会

    貸切バス事業者の運行管理者、態勢強化し、責任重く...軽井沢スキーバス事故対策検討委員会

  3. タクシーへ追突する事故を故意に起こし、仲間が売上金を盗み出す

    タクシーへ追突する事故を故意に起こし、仲間が売上金を盗み出す

  4. 熊本地震、今後の備えは「三段構え」で...気象庁

  5. 九州の高速道路、無料化を検討...国交省

  6. 車線変更してきたクルマと接触、バス車内で転倒の5人負傷

  7. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

  8. 走行460万kmのメルセデスベンツ!! 博物館に寄贈

  9. 地震活動1000回以上、年間発生回数を半月で...熊本地震

  10. カメラで無保険車を発見 車両のナンバー読み取りで、国交省実用化へ

アクセスランキングをもっと見る