超小型モビリティ導入の効果を検証…シンポジウムを3月22日に開催

自動車 社会 行政

チョイモビ ヨコハマ (日産提供)
  • チョイモビ ヨコハマ (日産提供)
  • 日産の超小型モビリティ(参考画像)
国土交通省は、超小型モビリティ導入促進事業の成果や課題、今後のあり方について、自治体やメーカー、有識者と意見交換するため、3月22日に「超小型モビリティシンポジウム」を東京国際フォーラム(東京都千代田区)で開催する。

超小型モビリティは、1~2人乗りの小さな車両で、軽自動車よりも小回りがきく。電動車両なため、静かで環境に優しい乗り物。国交省は、2013年から超小型モビリティの導入を支援しており、様々な地域で約5000台の車両が走行している。

シンポジウムでは、これまでの超小型モビリティ導入促進事業の成果や課題について、自治体やメーカーが発表するとともに、今後のあり方について有識者も交えて意見交換する。

また、シンポジウムとあわせて超小型モビリティの実車も展示する。

参加費は無料。定員は300人で事前申し込み制。
《レスポンス編集部》

関連ニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 負傷したネコの保護を行っていた警官がひき逃げされて重傷

    負傷したネコの保護を行っていた警官がひき逃げされて重傷

  2. バイクの無免許運転で衝突事故を起こした少年、回復を待って逮捕

    バイクの無免許運転で衝突事故を起こした少年、回復を待って逮捕

  3. 飲酒運転のクルマが2件の追突事故、33歳の男を逮捕

    飲酒運転のクルマが2件の追突事故、33歳の男を逮捕

  4. 『ETC2.0』とは…次世代ETCが目指す未来の道路交通

  5. 鉄道乗換え時間ピーク時とオフピーク時の差、首都圏は1.0分と三大都市圏で最大…大都市交通センサス調査

  6. 280馬力規制ついに撤廃…“行政指導”の裏事情を探る

  7. 県のイメージ悪化…飲酒運転で80年間の契約を失った運送会社

  8. ETC2.0最大50%割引など貨物・旅客への支援厚く...国交省二次補正、自動車関連など

  9. ランボルギーニ、事故で真っ二つ…ドライバー救出直後に火災[動画]

  10. トヨタ カローラ の耐久性、ここに極まる?!…パキスタンで実証[動画]

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら