ルノー、フランス工場で日産の商用車を生産へ

自動車 ビジネス 企業動向

ルノーのフランス・サンドヴィル工場
  • ルノーのフランス・サンドヴィル工場
フランスの自動車大手、ルノーは2月17日、ルノーのフランス工場で日産の商用車を生産すると発表した。

この工場は、フランス北西部のサンドヴィル工場。次世代のLCV(軽商用車)、日産『NV300』を同工場で組み立てる。これにより、サンドヴィル工場の生産能力は、2016年から2026年までの約10年間に、10万台増える見通し。

ルノーはサンドヴィル工場に、3年間で総額2億3000万ユーロを投資。同工場を、商用車生産の中核拠点へと生まれ変わらせるべく、改修を進めてきた。

日産NV300はサンドヴィル工場において、ルノー『トラフィック』と同じラインで組み立てられる予定。エンジンは、ルノーのフランス・クレオン工場から供給される。

ルノーのカルロス・ゴーンCEOは、「日産NV300をサンドヴィル工場で生産することは、ルノーと日産にとってウィンウィンな出来事。ルノーの生産技術を最大限引き出し、日産は欧州の中心地で、最も生産品質の高い拠点を手に入れることになる」と述べている。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品