メルセデス、米国で71万台追加リコール…タカタ製エアバッグに不具合

自動車 ビジネス 海外マーケット

先代メルセデスベンツ Cクラスセダン
  • 先代メルセデスベンツ Cクラスセダン
  • メルセデスベンツ Mクラス
  • メルセデスベンツGLクラス
ドイツの高級車メーカー、メルセデスベンツ。同社がタカタ製エアバッグの不具合により、米国でおよそ71万台を追加リコール(回収・無償修理)する。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。メルセデスベンツの米国法人、メルセデスベンツUSAから、合計71万台の追加リコールの届け出を受けた、と公表している。

このリコールは、タカタ製のエアバッグのインフレーター(膨張装置)の不具合によるもの。ガス発生剤の成型工程や成型後の吸湿防止措置が正しく行われず、密度が不足したガス発生剤が組み込まれた可能性がある。これにより、エアバッグ展開時にインフレーター内圧が異常上昇。インフレーター容器が破損して飛び散り、出火や乗員が負傷する恐れがあるという内容。

今回のメルセデスベンツのリコールは、米国で2015年12月、フォード『レンジャー』が事故を起こし、エアバッグの異常破裂で乗員が死亡したことを受けての対応。タカタのエアバッグ問題では、ホンダ以外の自動車メーカーで初の死亡事故となったことから、米当局が自動車メーカーに対して、追加リコールを要請していた。

メルセデスベンツの場合、米国で販売された71万1266台が追加リコールの対象。2009-2011年モデルの『Eクラス』、2005-2011年モデルの『Cクラス』、2009-2011年モデルの『Mクラス』、2009-2012年モデルの『GLクラス』、2007-2008年モデルの『SLK』、2010-2012年モデルの『GLK』などが該当する。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

    【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

  2. 定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

    定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

  3. ポルシェ、EVスポーツの開発と生産準備…1400名以上を雇用

    ポルシェ、EVスポーツの開発と生産準備…1400名以上を雇用

  4. 【リコール】ダイハツ タント 80万台、バックドアステー破損で負傷のおそれ…塩害地域は要注意

  5. タクシー初乗り410円、実証実験を都内4か所で実施…8月5日より

  6. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  7. フィアット欧州販売、13%増の9.8万台…Aセグ首位維持 6月

  8. 三菱 アウトランダー 旧型、米国でリコール…融雪剤の影響で腐食

  9. 【リコール】日野レンジャー など、ターボチャージャ不具合でエンストのおそれ

  10. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら