メルセデス、米国で71万台追加リコール…タカタ製エアバッグに不具合

自動車 ビジネス 海外マーケット

先代メルセデスベンツ Cクラスセダン
  • 先代メルセデスベンツ Cクラスセダン
  • メルセデスベンツ Mクラス
  • メルセデスベンツGLクラス
ドイツの高級車メーカー、メルセデスベンツ。同社がタカタ製エアバッグの不具合により、米国でおよそ71万台を追加リコール(回収・無償修理)する。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。メルセデスベンツの米国法人、メルセデスベンツUSAから、合計71万台の追加リコールの届け出を受けた、と公表している。

このリコールは、タカタ製のエアバッグのインフレーター(膨張装置)の不具合によるもの。ガス発生剤の成型工程や成型後の吸湿防止措置が正しく行われず、密度が不足したガス発生剤が組み込まれた可能性がある。これにより、エアバッグ展開時にインフレーター内圧が異常上昇。インフレーター容器が破損して飛び散り、出火や乗員が負傷する恐れがあるという内容。

今回のメルセデスベンツのリコールは、米国で2015年12月、フォード『レンジャー』が事故を起こし、エアバッグの異常破裂で乗員が死亡したことを受けての対応。タカタのエアバッグ問題では、ホンダ以外の自動車メーカーで初の死亡事故となったことから、米当局が自動車メーカーに対して、追加リコールを要請していた。

メルセデスベンツの場合、米国で販売された71万1266台が追加リコールの対象。2009-2011年モデルの『Eクラス』、2005-2011年モデルの『Cクラス』、2009-2011年モデルの『Mクラス』、2009-2012年モデルの『GLクラス』、2007-2008年モデルの『SLK』、2010-2012年モデルの『GLK』などが該当する。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

    撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  2. 【川崎大輔の流通大陸】「メイドインジャパンは必要ない」タイで生きる日系ブランド

    【川崎大輔の流通大陸】「メイドインジャパンは必要ない」タイで生きる日系ブランド

  3. タカタ製エアバッグが異常破裂か、ホンダ車で新たな死者…マレーシア

    タカタ製エアバッグが異常破裂か、ホンダ車で新たな死者…マレーシア

  4. ゼロスポーツ、シングルメーターフードの追加ラインアップを発売

  5. 日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

  6. 富士重、「SUBARU」への社名変更を株主総会で決議

  7. キャンピングカーの売上、過去最高の357億円…2015年 日本RV協会調べ

  8. タントや京阪電車、信号機…さまざまな工業デザインの世界を紹介するイベントが開催

  9. ダンロップ、スタッドレスタイヤ WINTER MAXX 02 を発売---氷上性能を向上

  10. 【カーグッズ】チャイルドシート最新事情…重要ポイントの“安全性能”

アクセスランキングをもっと見る