台湾鉄路の青い普快車、京急電鉄の線路走る…2月26日から

鉄道 企業動向

2月22日から京急線で運行される「台湾鉄路の普快車」。京急2100形「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」にラッピングを施し、普快車に似たデザインにする。
  • 2月22日から京急線で運行される「台湾鉄路の普快車」。京急2100形「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」にラッピングを施し、普快車に似たデザインにする。
  • 京急2100形の「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」。写真は2015年まで青色塗装だった2157編成で、現在は2133編成が青い塗装をまとっている。
  • 「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」に似た塗装の台湾鉄路普快車。
  • 普快車の車体側面にデザインされた台湾鉄路の局章。京急が発表したイメージ図によると、この局章もラッピングされる。
  • 普快車をけん引する台湾鉄路のディーゼル機関車。京急のラッピング車では排障器(写真下)のデザインも施される。
京浜急行電鉄(京急)は2月17日、台湾鉄路管理局との友好鉄道協定締結一周年を記念し、台湾鉄路の列車を模したラッピング列車を運行すると発表した。2月22日から3月26日まで運行される。

京急の発表などによると、京急2100形電車の8両編成1本(2133編成)の車体と排障器に、台湾鉄路で運行されている普快車のデザインに近づけるためのラッピングを施す。車両の前後には友好鉄道協定一周年を記念したヘッドマークを取り付ける。

このほか、羽田空港国際線ターミナル駅の2階到着ロビー改札内連絡通路に「台湾・台鉄PRブース」を設置。2月26日から協定調印文書の写しなどを展示する。

台湾鉄路の普快車は、日本の普通列車に相当する列車種別。気動車や機関車けん引の客車で運行されており、このうち客車は車体全体を青色で塗装している。一方、京急の2133編成も「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」として2015年3月に車体塗装が青色ベースに変更されており、普快車と似たデザインになっていた。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR東日本、仙台地区に4両固定編成のE721系導入で混雑緩和…11月頃から

    JR東日本、仙台地区に4両固定編成のE721系導入で混雑緩和…11月頃から

  2. 川崎重工、都営大江戸線向け鉄道車両を88両受注…2018年度から納入

    川崎重工、都営大江戸線向け鉄道車両を88両受注…2018年度から納入

  3. JR東日本、東北本線で平泉世界遺産登録5周年記念のラッピング車運転…701系を装飾

    JR東日本、東北本線で平泉世界遺産登録5周年記念のラッピング車運転…701系を装飾

  4. JR東日本、国鉄色気動車に取り付けるヘッドマークのデザイン募集

  5. JR東日本、415系ステンレス車の引退記念列車を運転…6月25日

  6. 阿武隈急行の旧国鉄電車、5月28日にラストラン

  7. 西武鉄道、新宿線中井駅の改札を地下に移動…バリアフリー化で国の基準を達成

  8. 阪神電鉄、5700系で初のブルーリボン受賞…ローレル賞は仙東HB-E210系など

  9. 西武鉄道と秩父鉄道、西武秩父発SL列車の運転で記念切符発売

  10. 京急電鉄、久里浜線の延伸事業など凍結…三浦半島の人口減受け

アクセスランキングをもっと見る