【シカゴモーターショー16】キア初のHV専用車 ニロ 公開…SUV版 プリウス ハンター

自動車 ニューモデル 新型車

キア ニロ・ハイブリッド
  • キア ニロ・ハイブリッド
  • キア ニロ・ハイブリッド
  • キア ニロ・ハイブリッド
  • キア ニロ・ハイブリッド
  • キア ニロ・ハイブリッド
  • キア ニロ・ハイブリッド
韓国キアモーターズ(起亜自動車。以下、キア)は2月11日、米国で開幕したシカゴモーターショー16において、『ニロ・ハイブリッド』を初公開した。

ニロ・ハイブリッドは、キア初のハイブリッド専用車。キアの親会社のヒュンダイは1月、初のハイブリッド専用車として、セダンの『アイオニック』を発表。これに対して、キア初のハイブリッド専用車は、小型SUV。キアはニロ・ハイブリッドを、「HUV」(ハイブリッド・ユーティリティ・ビークル)と呼ぶ。

エクステリアは、米国と韓国のデザインセンターが共同で設計。洗練かつエアロダイナミクスを追求したデザインが特徴で、ボディの表面には、彫刻的なフォルムを刻む。ニロ・ハイブリッドの車台には、新開発エコカー専用プラットホームを採用。

ハイブリッドパワートレインは、エンジンがダウンサイズの直噴1.6リットル直列4気筒ガソリン「GDI」アトキンソンサイクル。最大出力103hpを発生する。

モーターは最大出力43hp。エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムトータルでは、最大出力146hp、最大トルク27kgmを引き出す。トランスミッションは6速デュアルクラッチ。

なおキアは、ニロ・ハイブリッドの燃費性能について、「米国複合モードで50マイル/ガロン(約21.3km/リットル)が目標」とコメント。なおこのニロは、キアの属するヒュンダイグループが、トヨタ『プリウス』のSUV版、『C-HRコンセプト』をターゲットに開発したハイブリッド専用車となる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

    【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  2. フォルクスワーゲン CC 後継車、画像がリーク…4ドアクーペ健在

    フォルクスワーゲン CC 後継車、画像がリーク…4ドアクーペ健在

  3. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

    【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

  4. ランドローバー ディスカバリースポーツ、2017年モデルの受注開始

  5. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

  6. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「車がただの道具になってもらっては困る」

  7. MINIセブン 発売、原点「オースチン・セブン」を彷彿

  8. 日産 GT-R NISMO、2017年モデル発売…空力性能を向上 1870万0200円

  9. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  10. ホンダ NSX 新型、環境性能でフェラーリ/マクラーレン凌駕

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら