新東名 NEOPASA岡崎、天体観察会を開催…SAの新たな楽しみ方を提案

自動車 ビジネス 国内マーケット

NEOPASA岡崎
  • NEOPASA岡崎
新東名高速道路 NEOPASA岡崎(集約)では、岡崎天文同好会ほかの協力のもと、「天体観察会」を2月20日および3月8日・9日に開催する。

NEOPASA岡崎は、自然豊かな場所に位置していることから人工光が少なく、開けた空間となっており天体観察には最適な場所。イベント会場となる屋上(ルーフガーデン)では、岡崎天文同好会ほか専門家による説明を聞きながら天体観察を楽しむことができる。

開催日時と内容は、2月20日17時~21時が月と木星観察会、3月8日14時~16時30分が太陽の黒点観察会、同19時~22時が星空観察会、3月9日9時~14時が部分日食観察会。

月と木星観察会と星空観察会では、望遠鏡を通して見える天体写真を参加者のスマートフォンで記念撮影したり、専門家(星空ソムリエ)による星空解説を実施するなど、初心者でも楽しめるイベントとなっている。

太陽の黒点観察会と部分日食観察会では、フィルターを付けた望遠鏡により、直接、太陽を観ることができる。なお、部分日食のピークは11時頃。次の部分日食が3年後となるので、貴重な機会となる。

いずれも参加は無料、予約不要、雨天中止。

NEOPASA岡崎では、今後も天体観察会など空を楽しむ イベントを定期的に開催し、サービスエリアの新しい楽しみ方を提案していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

    マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

  2. 三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

    三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

  3. 【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

    【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

  4. 国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

  5. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  6. ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

  7. 「フェラーリやってます」輸入車販売のニコル、横浜でモーターショー

  8. スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

  9. スズキ、国内販売5か月ぶりのプラス…新型 イグニス など好調 6月実績

  10. アウディ ジャパン、サブブランド「Audi Sport」導入を発表…Audi Sport Storeも展開

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら