フォークリフト向け非接触充電システムを実用化、ダイフク「D-PAD」技術を採用 | レスポンス(Response.jp)

フォークリフト向け非接触充電システムを実用化、ダイフク「D-PAD」技術を採用

エコカー EV

ダイフクは、コマツリフトの協力を得て、非接触充電技術「D-PAD」を採用した電動フォークリフト向け非接触充電システムを世界で初めて実用化したと発表した。

新開発したシステムは、送電台車で電動フォークリフトを非接触の状態で充電するもの。従来のケーブルで接続した充電時間は同じながら、プラグを接続するといった作業がなくなるとともに、接触不良などによる障害や事故も低減する。非接触のため磨耗による導電部分の交換などのメンテナンスも不要。

システム構成は、送電台車(送電パッド、高周波インバーター)と受電ユニット(200Vインバーター)で構成し、バッテリーは電動フォークリフトの標準装備のものが使用できる。また、独自の無線技術を用いて送電側・受電側の対向位置を自動認識するため、安定した電力伝送効率を保持し、伝送周波数が10kHz未満であることから、電波法による申請手続きも不要。

同社は、1992年にニュージーランド・オークランド大学と非接触給電技術「HID」の技術提携とライセンス契約を締結した。1993年には世界初の非接触給電モノレール式搬送システムを実用化し、自動車組み立て工場や半導体工場の生産ラインにシステムを納入してきた。

2012年には同大学と非接触充電技術「D-PAD」の技術提携とライセンス契約を新たに締結し、実用化に向けた開発と使用用途調査を進めてきた。

同社では、D-PADをはじめとしたワイヤレス給電・充電ソリューションを、4月20日から幕張メッセで開催される「TECHNO-FRONTIER 2016」のブースに出品する予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品