全日本ロードは高橋巧ら、MXは成田亮らで頂点を…ホンダ2016年モータースポーツ体制

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2016年全日本選手権に参戦するホンダのライダーたち。
  • 2016年全日本選手権に参戦するホンダのライダーたち。
  • 高橋 巧選手
  • 山口 辰也選手
  • 秋吉 耕佑選手
  • 渡辺 一馬選手
  • 高橋 裕紀選手
  • 成田 亮選手
  • 能塚 智寛選手
ホンダが2016年全日本選手権の参戦体制を発表した。まず、MFJ全日本ロードレース選手権シリーズのJSB1000クラスには、「ムサシ・アールティ・ハルクプロ(MuSASHi RT ハルク・プロ)」からホンダ・レーシング(HRC)のテスト契約ライダーである高橋巧が参戦。

同じく秋吉耕佑は「エーユーアンドテルル・コハラ・レーシングチーム(au&Teluru・Kohara RT)」で走り、山口辰也はトーホー・レーシング(TOHO Racing)、渡辺一馬は「エフシーシー・ティーエスアール・テルル(FCC TSR Teluru)」で、引き続き表彰台の真ん中を狙う。

昨年のJ-GP2クラスでチャンピオンを獲得した高橋裕紀は、JSB1000クラスへ。「モリワキ・レーシング(MORIWAKI RACING)」にて「CBR1000RR」に乗る。

MFJ全日本モトクロス選手権シリーズIA1(450cc)クラスは、これまで10回のチャンピオンを獲得した成田亮に王座奪還をかける。

今シーズンもワークスチーム「チーム・エイチアールシー(Team HRC)」からのエントリーで、ワークスマシン「CRF450RW」を操る。

また、昨季IA2(250cc)クラスでチャンピオンとなった富田俊樹は、「チーム・エイチアールシー(Team HRC)」で走る。2015年ランキング2位の能塚智寛もホンダにスイッチし、ワークスマシン「CRF250RW」が与えられた。

そして、MFJ全日本トライアル選手権シリーズのIASクラスには、昨年自身5度目のチャンピオンを獲得したHRCテスト契約ライダー小川友幸がエントリー。新型マシン「RTL300R」が用意される。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. スズキ、二輪車世界耐久選手権で年間チャンピオン獲得…2年連続15回目

    スズキ、二輪車世界耐久選手権で年間チャンピオン獲得…2年連続15回目

  2. 【サーキット美人2016】鈴鹿8耐『CLEVER WOLF レースクイーン』

    【サーキット美人2016】鈴鹿8耐『CLEVER WOLF レースクイーン』

  3. 世界からも注目される、日本生まれの異端児たち…『月刊自家用車』10月号

    世界からも注目される、日本生まれの異端児たち…『月刊自家用車』10月号

  4. レクサス F オーナー向けドライビングレッスン 富士で9月23日

  5. 【サーキット美人2016】SUPER GT 編『Vivacious girls』

  6. 【新聞ウォッチ】三菱航空機の「MRJ」空調トラブルで2日連続の引き返し

  7. 【SUPER GT 第6戦】GT500決勝…レクサス逆襲の1-2、立川祐路&石浦宏明が鈴鹿1000kmを制覇

  8. 【SUPER GT 第6戦】スバル WRX S4 tS コンセプトを展示

  9. 【F1 ベルギーGP】途中赤旗中断の混乱がありながらも、ロズベルグがポール・トゥ・ウィン

  10. 【WEC 第7戦】富士6時間耐久の事前イベント…車両展示やトーク 9月9日

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら