全日本ロードは高橋巧ら、MXは成田亮らで頂点を…ホンダ2016年モータースポーツ体制

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2016年全日本選手権に参戦するホンダのライダーたち。
  • 2016年全日本選手権に参戦するホンダのライダーたち。
  • 高橋 巧選手
  • 山口 辰也選手
  • 秋吉 耕佑選手
  • 渡辺 一馬選手
  • 高橋 裕紀選手
  • 成田 亮選手
  • 能塚 智寛選手
ホンダが2016年全日本選手権の参戦体制を発表した。まず、MFJ全日本ロードレース選手権シリーズのJSB1000クラスには、「ムサシ・アールティ・ハルクプロ(MuSASHi RT ハルク・プロ)」からホンダ・レーシング(HRC)のテスト契約ライダーである高橋巧が参戦。

同じく秋吉耕佑は「エーユーアンドテルル・コハラ・レーシングチーム(au&Teluru・Kohara RT)」で走り、山口辰也はトーホー・レーシング(TOHO Racing)、渡辺一馬は「エフシーシー・ティーエスアール・テルル(FCC TSR Teluru)」で、引き続き表彰台の真ん中を狙う。

昨年のJ-GP2クラスでチャンピオンを獲得した高橋裕紀は、JSB1000クラスへ。「モリワキ・レーシング(MORIWAKI RACING)」にて「CBR1000RR」に乗る。

MFJ全日本モトクロス選手権シリーズIA1(450cc)クラスは、これまで10回のチャンピオンを獲得した成田亮に王座奪還をかける。

今シーズンもワークスチーム「チーム・エイチアールシー(Team HRC)」からのエントリーで、ワークスマシン「CRF450RW」を操る。

また、昨季IA2(250cc)クラスでチャンピオンとなった富田俊樹は、「チーム・エイチアールシー(Team HRC)」で走る。2015年ランキング2位の能塚智寛もホンダにスイッチし、ワークスマシン「CRF250RW」が与えられた。

そして、MFJ全日本トライアル選手権シリーズのIASクラスには、昨年自身5度目のチャンピオンを獲得したHRCテスト契約ライダー小川友幸がエントリー。新型マシン「RTL300R」が用意される。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 怪物780馬力、ヒルクライム最速のスバル インプレッサ[動画]

    怪物780馬力、ヒルクライム最速のスバル インプレッサ[動画]

  2. レクサスの2017年SUPER GTレーサー、新型クーペ LC がベースか

    レクサスの2017年SUPER GTレーサー、新型クーペ LC がベースか

  3. 【サーキット美人2016】スーパーフォーミュラ編『ネッツ多摩ティーズファクトリーレディ』

    【サーキット美人2016】スーパーフォーミュラ編『ネッツ多摩ティーズファクトリーレディ』

  4. マクラーレンのPHVスーパーカー、P1 で通勤…日本人弁護士[動画]

  5. 【SUPER GT 第4戦】GT500決勝…近藤真彦監督のKONDOレーシング、佐々木&柳田 GT-Rが優勝

  6. 【SUPER GT 第4戦】GT300決勝…新型プリウスの嵯峨宏紀&中山雄一が今季初優勝

  7. 【SUPER GT 第6戦】レクサス、2017年GT500新型車両を公開

  8. 【サーキット美人2016】スーパーフォーミュラ編『にゃんこ大戦争ガールズ』

  9. 【F1 ハンガリーGP】豪雨で一時中断、波乱の予選…ロズベルグがポールポジション

  10. 美しすぎるレーシングドライバー、塚本奈々美さんが日テレ「Going!」に登場

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら