【ロータス エヴォーラ400 試乗】スーパーカーの域には入ってほしくない…諸星陽一 | レスポンス(Response.jp)

【ロータス エヴォーラ400 試乗】スーパーカーの域には入ってほしくない…諸星陽一

試乗記 輸入車

【ロータス エヴォーラ400 試乗】スーパーカーの域には入ってほしくない…諸星陽一
  • 【ロータス エヴォーラ400 試乗】スーパーカーの域には入ってほしくない…諸星陽一
  • 【ロータス エヴォーラ400 試乗】スーパーカーの域には入ってほしくない…諸星陽一
  • 【ロータス エヴォーラ400 試乗】スーパーカーの域には入ってほしくない…諸星陽一
  • 【ロータス エヴォーラ400 試乗】スーパーカーの域には入ってほしくない…諸星陽一
  • 【ロータス エヴォーラ400 試乗】スーパーカーの域には入ってほしくない…諸星陽一
  • 【ロータス エヴォーラ400 試乗】スーパーカーの域には入ってほしくない…諸星陽一
  • 【ロータス エヴォーラ400 試乗】スーパーカーの域には入ってほしくない…諸星陽一
  • 【ロータス エヴォーラ400 試乗】スーパーカーの域には入ってほしくない…諸星陽一
ロータスと言えばコンパクトなスポーツカーというイメージが強いが、この『エヴォーラ400』は全長約4.4mの2+2モデルだ。

まず第一に走す前に乗り込みやすい。たしかにシート高は低く、一般的なクルマに比べたら“どっこいしょ”なのだが、今までのロータスに比べたらサイドシルも細くて、割合に楽々と乗り込める。エンジンを始動して、走り出しの印象は「おっ、乗りやすい」なのだ。クラッチは適度に軽く、ギヤを選んでクラッチをつなげばスッと前に進んでくれる。

アクセルをグイッと踏み込んで加速していくと、406馬力の最高出力を誇る3.5リットルのスーパーチャージャー付きエンジンは、5000回転付近まで一気にスッと回転を上げる。スーパーチャージャー付きのエンジンはここまでで十分なトルクを出す。ミッションは軽い操作でビシッと選んだポジションに決まり、正確だ。

サスペションは前後ともにダブルウィッシュボーン。ダンパーはビルシュタインで、スプリングはアイバッハと黄金の組み合わせ。タイヤの路面への追従性は高く、ステアリング操作に対するクルマの反応もクイックでコーナーをググッとクリアしていく。『エリーゼ』や『エキシージ』のようにヒラリヒラリとした軽快な雰囲気ではないものの、信頼できる高速コーナリングが可能だ。

さらにすごいと感じるのは、こうしたスポーツ性を持ちながらも高速道路を走っているときなどは、ゆったりした乗り心地も実現している部分。路面の継ぎ目なども上手にいなしてフラットライドを実現。スポーツカーとしての性能とともにGTカーとしての素質もたっぷりと持っている。

ロータスというビッグネーム。ていねいな製作方法などを考えても1355.4万円という車両本体価格はちょっと高めに感じる。エリーゼ、エクシージと順番に価格が上がってくるのはわかるが、ロータスはスーパーカーの域には入ってほしくないという思いがある。1000万円を超えるスポーツカーなので、★の評価は価格を考慮しないものとした。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

諸星陽一|モータージャーナリスト
自動車雑誌の編集部員を経て、23歳でフリーランスのジャーナリストとなる。20歳代後半からは、富士フレッシュマンレースなどに7年間参戦。サーキットでは写真撮影も行う、フォトジャーナリストとして活動中。趣味は料理。
《諸星陽一》

特集

おすすめの商品