トライアルはトニー・ボウ10連覇へ…ホンダ2016年モータースポーツ体制

モーターサイクル エンタメ・イベント

Repsol Honda Teamからトライアル世界選手権に参戦するトニー・ボウ。
  • Repsol Honda Teamからトライアル世界選手権に参戦するトニー・ボウ。
  • Repsol Honda Teamからトライアル世界選手権に参戦するトニー・ボウ。
  • Repsol Honda Teamからトライアル世界選手権に参戦する藤波貴久。
  • Repsol Honda Teamからトライアル世界選手権に参戦する藤波貴久。
  • Repsol Honda Teamからトライアル世界選手権に参戦するハイメ・ブスト。
  • トライアル世界選手権に参戦するRepsol Honda Team。
  • Team HRCからモトクロス世界選手権に参戦するゴーティエ・ポーリン。
  • Team HRCからモトクロス世界選手権に参戦するゴーティエ・ポーリン。
ホンダは2016年のモータースポーツ参戦体制を2月12日に発表した。トライアルのワークスチーム「レプソル・ホンダ・チーム(Repsol Honda Team)」は、今季もトニー・ボウ(スペイン)、藤波貴久(日本)、ハイメ・ブスト(スペイン)の3名体制。1~3月に行われるインドアの「Xトライアル」、4~9月のアウトドア「トライアル世界選手権」の2つに参戦する。

昨季までインドア、アウトドアともに前人未到の9連覇と、圧倒的な強さを誇るトニー・ボウが10連覇の偉業を狙うのはもちろん、通算300戦を迎える藤波貴久、昨シーズンの開幕戦で2日間とも6位入賞を果たす鮮烈デビューのハイメ・ブストがワークスマシン「COTA4RT」で参戦。目指すのは11年連続のコンストラクターズタイトル獲得だ。

モトクロスも表彰台を独占する意気込みで、まず世界選手権シリーズの最高峰クラスMXGP(450cc)クラスには、ゴーティエ・ポーリン(フランス)とイブジェニー・バブリシェフ(ロシア)が、ワークスチーム「チーム・エイチアールシー(Team HRC)」から参戦。

昨シーズン、ランキング2位のポーリンと同3位のバブリシェフが、悲願のチャンピオン奪取を狙う。

また、「チーム・ホンダ・ガリボルディー・レーシング(Team Honda Gariboldi Racing)」は、昨シーズンMX2(250cc)クラスでチャンピオンを獲得したティム・ガイザー(スロベニア)をMXGPで起用。

3選手とも、2016年型のワークスマシン「CRF450RW」に乗る。

そして日本人として現在唯一の世界選手権MXGPライダー山本鯨(HRC契約ライダー)は、今季も「CRF450R」で参戦。「チーム・ホンダ・レッドモト・アッソモーター(Team Honda Redmoto Assomotor)」から世界の強豪に挑む。

MX2クラスには「チーム・ホンダ・ガリボルディー・レーシング(Team Honda Gariboldi Racing)」からホルヘ・ザラゴザ(スペイン)が、ワークスマシン「CRF250RW」で参戦する。

すでに開幕し、全17戦中6戦を消化したAMAスーパークロス世界選手権シリーズ。その最高峰クラス450SXには、Hondaの米国現地法人アメリカン・ホンダモーターの運営するワークスチーム「チーム・ホンダ・エイチアールシー(Team Honda HRC)」から、コール・シーリー(アメリカ)とトレイ・カナード(アメリカ)が「CRF450R」で参戦中。

シーリーは第6戦で2位獲得など調子を上げ、現在ランキング4位。カナードは怪我により第4戦と5戦を欠場していたが、第6戦より復帰。巻き返しを狙っている。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. ドッペルギャンガー、ツーリング先で気軽に火を楽しめる新アイテム発売

    ドッペルギャンガー、ツーリング先で気軽に火を楽しめる新アイテム発売

  2. 【インドネシアオートショー16】2輪は脇役でも個性派ブランドが存在感を見せる

    【インドネシアオートショー16】2輪は脇役でも個性派ブランドが存在感を見せる

  3. カワサキ Ninja 250、2017年モデルを発表…カラー&グラフィックを変更

    カワサキ Ninja 250、2017年モデルを発表…カラー&グラフィックを変更

  4. バイクETC車載器助成、可能台数のカウンター表示を取りやめ…NEXCO

  5. ヘルメットを被ったままで通話できる---バイク用インカム発売

  6. 東武線で「西武」ヘッドマーク列車 8月24日から運転

  7. 動画「絶景ツーリング」を公開…四国 / しまなみ海道~四万十川編

  8. ドッペルギャンガー、ソロツーリング向け軽量テントを発売

  9. ホンダ、モトクロス競技モデル CRF450R をフルモデルチェンジ

  10. バイクの魅力は「風や自然を感じる爽快感」…3人に1人が回答

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら