【ジュネーブモーターショー16】ヒュンダイ、“プリウスハンター”にEVとPHVも

自動車 ニューモデル 新型車

ヒュンダイ アイオニック
  • ヒュンダイ アイオニック
  • ヒュンダイ アイオニック
  • ヒュンダイ アイオニック
韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は3月、スイスで開催されるジュネーブモーターショー16において、新型環境対応車、『アイオニック』(IONIQ)のEVとプラグインハイブリッド車(PHV)を初公開する。

アイオニックは、ヒュンダイが開発を進めてきた新型環境対応車。1月中旬、韓国でまずハイブリッド車が発表された。

アイオニックには、3種類の電動パワートレインを設定。通常のハイブリッドだけでなく、プラグインハイブリッド(PHV)、EVも用意される。3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショー16では、EVとPHVが初公開される予定。

なお、現時点では、EVとPHVのパワートレインの詳細は公表されていない。ヒュンダイによると、同一ボディで3種類の電動パワートレインが選択できるのは、アイオニックが世界初という。

ヒュンダイはジュネーブモーターショー15の会場に、ハイブリッド、EV、PHVの3種類のアイオニックを展示する計画。柔軟なパワートレイン対応性をアピールしていく。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

    【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

  2. 【トヨタ プリウスPHV 新型】現行プリウスベースのPHV、EVモード航続距離は60kmに[写真蔵]

    【トヨタ プリウスPHV 新型】現行プリウスベースのPHV、EVモード航続距離は60kmに[写真蔵]

  3. 【パリモーターショー16】シトロエン Cエクスペリエンス 発表へ…最上級車?

    【パリモーターショー16】シトロエン Cエクスペリエンス 発表へ…最上級車?

  4. 【レヴォーグ STIスポーツ】ユーザーに寄り添える内装色

  5. 【パリモーターショー16】ホンダ シビック タイプR 次期型、予告コンセプトお披露目か

  6. クラウン&ランクル、トヨタ店創立70周年記念特別仕様車を発売

  7. セダンのトランクに積める折りたたみ自転車、あさひが発売

  8. クラウン アスリート J-フロンティア に東レのウルトラスエードが採用

  9. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  10. レクサス LX 570、ランクル 200 とオフロードテスト[動画]

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら