X線天文衛星を搭載したH-IIAロケット30号機打ち上げ、2月17日に再設定

宇宙 企業動向

三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、X線天文衛星(ASTRO-H)を搭載したH-IIAロケット30号機(H-IIA・F30)を2月17日に打ち上げると発表した。

H-IIAロケット30号機は当初、2月12日に打ち上げる予定だったが、悪天候のため打ち上げ延期を決定していた。

天候判断の結果、H-IIAロケット30号機は、2月17日17時45分に打ち上げることを決定した。

今後の天候状況によっては、延期の可能性もあるとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. シグナス補給船運用5号機が国際宇宙ステーションを離脱

    シグナス補給船運用5号機が国際宇宙ステーションを離脱

  2. 「宇宙エレベーター」実現めざし8回目の学会、環境保護の視点も

    「宇宙エレベーター」実現めざし8回目の学会、環境保護の視点も

  3. 「限界を超えた超新星」の起源を初めて解明

    「限界を超えた超新星」の起源を初めて解明

  4. アルマ望遠鏡で巨大ブラックホールに吸い込まれるガス雲の様子を初観測

  5. 「はやぶさ2」、追加イオンエンジン運転で軌道修正に成功

  6. ISS「きぼう」から放出したフィリピン小型衛星、地球の画像撮影…8月から本格運用

  7. X線天文衛星「ASTRO-H」、2016年2月12日打ち上げへ

  8. 火星と地球の距離が7528万km、11年ぶりに最接近…5月31日

  9. アルマ望遠鏡、地球に似た軌道を持つ惑星の誕生現場を初観測…若い星の付近で

  10. ガリレオ衛星が「月食」中に謎の発光? …すばる望遠鏡とハッブル宇宙望遠鏡で観測

アクセスランキングをもっと見る