東洋ゴム、米国タイヤ製造拠点の生産能力を追加増強…同社最大の年産1150万本体制へ | レスポンス(Response.jp)

東洋ゴム、米国タイヤ製造拠点の生産能力を追加増強…同社最大の年産1150万本体制へ

自動車 ビジネス 海外マーケット

東洋ゴム工業は2月15日、北米タイヤ製造子会社「トーヨータイヤ ノースアメリカ マニュファクチャリング(TNA)」の第4期拡張が昨年末に完了し、1月より生産能力の追加増強に着手したと発表した。

東洋ゴムは、2013年12月より、工場建屋を約1.5倍に拡張し、新建屋の半分に生産設備を導入するTNAの第4期生産能力増強計画に着手。工場建屋の完成後、順次設備導入を図るとともに、操業を当初予定より4か月前倒しし、2015年4月から同設備によるタイヤ生産を開始した。今回、計画していた設備導入が2015年12月に完了したことにより、新たに年産250万本規模の供給能力を増大。年産900万本の生産体制を整えた。

同社は、今後安定的に成長が期待できる北米市場において、さらなる事業基盤強化を図るため、拡張した新建屋の残り半分のキャパシティに対して引き続き設備導入することを決定し、2016年1月より生産能力の追加増強に着手。これにより、TNAはタイヤ生産供給能力が年産1150万本体制(2016年末めど)となり、同社最大のタイヤ生産工場となる。また、従業員数も1500名体制(2016年末)を予定しており、雇用面での貢献も果たしていく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品