グッドイヤーの決算、セグメント営業利益は18%増…2015年

自動車 ビジネス 企業動向

米国のタイヤ製造大手、グッドイヤー・タイヤ&ラバー(以下、グッドイヤー)は2月9日、2015年通期(1‐12月)の決算を開示した。

同社の発表によると、売上高は、164億4300万ドル(約1兆8653億円)。前年の181億3800万ドルに対して、9.4%の減収となった。これは、為替相場の影響による部分が大きいという。

また、2015年通期のセグメント営業利益は、20億2200万ドル(約2294億円)。前年の17億1200万ドルに対して、18.1%の増益となっている。

2015年の年間タイヤ販売は、1億6620万本。前年比は3%増だった。交換用タイヤの出荷は、前年比2%増。自動車メーカーへの納入は、前年に対して3%増えた。

グッドイヤーのリチャード・J・クレーマー会長兼CEOは、「セグメント営業利益が20億ドルを突破したのは、117年の歴史で初めて」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

    撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  2. カレコカーシェアリング、新型ロードスターを都内3ステーションに導入

    カレコカーシェアリング、新型ロードスターを都内3ステーションに導入

  3. 富士重、スバル自動車保険プランを5年ぶりにリニューアル…サービス拡充

    富士重、スバル自動車保険プランを5年ぶりにリニューアル…サービス拡充

  4. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  5. 日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

  6. トヨタ プリウス TRDパーツ…空力性能を高め走りを追求[写真蔵]

  7. GMジャパン石井社長「日本抜きでは考えられない」…フォードの日本撤退で

  8. マツダ ロードスター に「宮古島」仕様

  9. GM、コルベット の工場に投資…より柔軟な生産体制へ

  10. 英自工会、EU離脱に声明…「政府は英自動車産業の利益保護を」

アクセスランキングをもっと見る