【ジュネーブモーターショー16】マツダ アクセラ、新ディーゼル車を欧州初公開へ | レスポンス(Response.jp)

【ジュネーブモーターショー16】マツダ アクセラ、新ディーゼル車を欧州初公開へ

自動車 ニューモデル 新型車

マツダ3( アクセラ )の4ドアセダン
  • マツダ3( アクセラ )の4ドアセダン
  • マツダ3( アクセラ )の4ドアセダン
  • マツダ3( アクセラ )の4ドアセダン
マツダの欧州法人は2月10日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー16において、『マツダ3』(日本名:『アクセラ』)の新ディーゼル車を欧州初公開すると発表した。

この新ディーゼルエンジンは、排気量1.5リットルの「SKYACTIV-D」。これまで、欧州市場では、『デミオ』と『CX-3』に搭載してきた。アクセラにも、このエンジンを拡大展開する。

アクセラは、マツダの欧州ベストセラー車に長年君臨してきた。新ディーゼルの投入で、欧州で主流のディーゼル車の顧客の要望に応えていく。

1.5リットルのSKYACTIV-Dは、アクセラのMTの場合、欧州複合モード燃費26.3km/リットル、CO2排出量99g/kmと、優れた環境性能を実現した。

マツダは、「欧州向け歴代マツダ3の中で、1.5 SKYACTIV-D搭載車が最も燃費に優れる」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品