インド新車販売、4%増の29万台以上…7か月連続増 1月

自動車 ビジネス 海外マーケット

スズキ セレリオ
  • スズキ セレリオ
  • ホンダ シティ
  • トヨタ エティオス エクスクルーシブ
インド自動車工業会は2月12日、インド国内の1月の新車販売の結果をまとめた。乗用車と商用車を合わせた総販売台数は、29万3699台。前年同月比は4%増と、7か月連続で前年実績を上回った。

1月実績をメーカー別で見ると、インド市場で3割を超えるトップシェアを握るスズキのインド子会社、マルチスズキが、インド国内で10万6383台を販売。前年同月比は0.8%増と、21か月連続で増加した。

車種別では、主力のAセグメントの『アルト』『ワゴンR』『セレリオ』『スイフト』『リッツ』(日本名:『スプラッシュ』)『ディザイア』などが、合計で8万7757台を販売。前年同月比は1.4%減と、10 か月ぶりのマイナス。SUVやMPVなどのユーティリティビークルセグメントでは、小型MPVの『エルティガ』や新発売の『Sクロス』を含めて、1月はセグメント合計で8114台を販売。前年同月比は26.2%増と、9か月連続で増加する。

また、トヨタ自動車のインド車両生産・販売会社、トヨタ・キルロスカ・モーター(TKM)が発表した1月のインド国内新車販売台数は、9256台(輸出を含む)。前年同月比は35.6%減と、5か月連続で前年実績を下回った。1月実績の9256台の内訳は、インド国内販売分が8511台で、前年同月比は8%減と、6か月連続のマイナス。販売の主力は、引き続き『エティオス』。

ホンダのインドにおける四輪車生産販売会社、ホンダカーズインディアリミテッドが公表した1月のインド新車販売台数は、1万7135台(輸出を除く)。前年同月比は6.5%減と、3か月連続の前年割れ。小型セダンの『シティ』が8037台で、4か月連続の最量販車に。新型『フィット』は4709台で、2位に浮上した。コンパクトカーの『アメイズ』は3471台で、3位に後退している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 米国高級車販売、メルセデスが首位…レクサスとBMW抑える 7月

    米国高級車販売、メルセデスが首位…レクサスとBMW抑える 7月

  2. 日本自動車セールス満足度、ラグジュリー部門でレクサスがV10達成…JDパワー

    日本自動車セールス満足度、ラグジュリー部門でレクサスがV10達成…JDパワー

  3. VWの独6工場、稼働を一時停止…サプライヤーとの対立が原因

    VWの独6工場、稼働を一時停止…サプライヤーとの対立が原因

  4. パナソニック、業界最高容量のアイドリングストップ車用バッテリーを発売…寿命は1.8倍

  5. 自動車用ソーラーパワー換気扇、車内の温度上昇を抑制

  6. 国内初のリチウムイオンバッテリー搭載フォークリフト、トヨタL&Fが発売

  7. サスペンションが慣性エネルギーを電力に変換…アウディが開発

  8. 【リコール】日野プロフィア4万5000台、エンジン不具合で出火のおそれ

  9. 【EMC Fair2016】HINT! 新たな発見がアフターマーケットにある

  10. 震災から4か月、ホンダ熊本製作所 完全復旧までの道のり

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら