【メルセデスベンツ GLC】Cクラス の安全性と走行性能をSUVで実現

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLC
メルセデスベンツ『GLC』は、4MATICを備え、積載性も高く、サイズも日本では適正で、何にでも使える“スポーツユーティリティビークル”だという。

そう話すのは、メルセデス・ベンツ日本営業企画部商品企画2課の廣澤臣哉さんだ。そのユーザー層はステーションワゴンやSUVからの乗り換えがメインになるという。「これまで通りステーションワゴンでもよいが、女性が運転する時には背が高いほうが見晴らしがよいという理由や、駐車場で高さの制限がない場合には SUVの方が適しているという方もいる」。

また、「最近東京でも雪が降るので、いざという時にはSUVが望ましい」とし、「アクティブな趣味を持つステーションワゴンユーザーや、SUVに乗っている方たちがターゲットになるだろう」と話す。

『GLA』との住み分けについて廣澤さんは、「(GLAは)全高が1550mmを切っているので、立体駐車場にも入り、全幅も1805mmなのでコンパクト。そこにSUVとしての能力は備えているので、メルセデスの魅力が凝縮されたのがGLAといえる」。一方GLCは「ゴルフバッグを複数積みたい(GLCは3つ積める)などの積載性で選ばれるだろう」とし、「ライフスタイルや車両価格によって差別化されている。メルセデスはSUVだけでも5車種あるので、様々な比較の結果、最終的にユーザーにとってのベストマッチなメルセデスが見つかると考えている」とコメント。

最後に廣澤さんは、「『Cクラス』の安全性と安定した快適性に、SUVの走破性を加えたのがGLCだ」と特徴を語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 日産 GT-R NISMO、2017年モデル発売…空力性能を向上 1870万0200円

    日産 GT-R NISMO、2017年モデル発売…空力性能を向上 1870万0200円

  2. マツダ アテンザ 商品改良…G-ベクタリングコントロールを採用

    マツダ アテンザ 商品改良…G-ベクタリングコントロールを採用

  3. 【ホンダ NSX 新型】国内販売価格は2370万円、2017年2月27日より発売

    【ホンダ NSX 新型】国内販売価格は2370万円、2017年2月27日より発売

  4. 【モスクワモーターショー16】開幕…まったく予想外の事態にしばし呆然

  5. 【ホンダ NSX 新型】車体骨格に世界初の「アブレーション鋳造」部材

  6. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  7. レクサス CT、クールスタイルの特別仕様…HS、RC、RC F、NX、LSは一部改良

  8. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「操る喜びを実現した新時代のスーパースポーツ」

  9. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者「誰もが楽しめるスポーツカーを目指した」

  10. 【新型 セレナ 発表】「プロパイロット」の測拒能力は、ミリ波レーダーやステレオカメラを超えたか

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら