テスラ「モデル3」、3月末に発表へ…低価格EVセダン

エコカー EV

テスラ モデルX
  • テスラ モデルX
  • テスラ モデルS
米国のEVベンチャー企業、テスラモーターズ。同社が現在、開発を進めている新型EVに関して、その発表時期が確定した。

これは2月10日、テスラモーターズが米国で開催した決算発表の場において、明らかにしたもの。同社は、「『モデル3』を3月31日に初公開する」と発表している。

モデル3は、『ロードスター』、『モデルS』、『モデルX』に続く、テスラモーターズの第4の市販EV。

ロードスターはオープン2シータースポーツ、モデルSはセダンタイプ、モデルXはクロスオーバー車。これに対して、モデル3は、価格を抑えた小型のセダンタイプのEVになると見られる。

なお、モデルSは3月31日から予約受注を開始し、生産と納車の開始は2017年後半を予定。テスラモーターズは、「モデル3の発売が、我々の使命の実現に向けたもう一つの大きなステップになる」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. 中国ブリリアンス、ドイツ衝突安全テストに「失格」

    中国ブリリアンス、ドイツ衝突安全テストに「失格」

  2. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

    【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  3. 【人とくるまのテクノロジー16】走行距離延長・省電力に貢献、EVの熱循環をマネジメント…ボッシュ

    【人とくるまのテクノロジー16】走行距離延長・省電力に貢献、EVの熱循環をマネジメント…ボッシュ

  4. 【インタビュー】i-MMDと大容量バッテリーが生む走りの新次元…ホンダ アコードプラグインハイブリッド 開発者

  5. ボルボ V60 ディーゼルで東京-鹿児島を無給油チャレンジ…1326kmを走破できるか

  6. 【パイクスピーク16】テスラ モデルS、高性能版が参戦へ…ツインモーターは532馬力

  7. 三菱リコール問題を一気読み

  8. 三菱燃費不正問題を実燃費データから検証する

  9. 実燃費ランキング、トップは23.3km/Lの グレイス…e燃費調べ

  10. 【e燃費アワード2015-2016】実燃費日本一はスズキ アルト…24.3km/リットルで総合3連覇

アクセスランキングをもっと見る