JAXA、「革新的衛星技術実証1号機」のテーマを12件選定

宇宙 テクノロジー

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、公募してきた「革新的衛星技術実証1号機のテーマ」を選定した。

JAXAは2017年度にイプシロンロケットで打ち上げを計画している「革新的衛星技術実証1号機」に搭載する実証テーマについて昨年10月から11月にかけて募集してきた。応募のあった32テーマの中から、実証テーマ12件を選定した。

選定に当たっては、ミッションの意義・価値(衛星技術/競争力向上、イノベーション創出、宇宙産業活性化に資する可能性など)と技術的実現性(インタフェース要求、安全要求等への適合性、開発実現性など)を考慮した。

選定されたテーマの中には、小型実証衛星に搭載して実証する部品・コンポーネント、50kg級の超小型衛星として打ち上げるもの、小さなキューブサットとして打ち上げるものが含まれている。

今後、打ち上げに向けて、必要な取り決めの締結、技術調整、安全審査など準備を進める。今後の設計進捗により、搭載リソースの余剰が確保できた場合、実証テーマを追加する可能性がある。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. 火星と地球の距離が7528万km、11年ぶりに最接近…5月31日

    火星と地球の距離が7528万km、11年ぶりに最接近…5月31日

  2. ウェザーニューズ、独自衛星「WNISAT-1R」打ち上げへ…北極海航路を支援

    ウェザーニューズ、独自衛星「WNISAT-1R」打ち上げへ…北極海航路を支援

  3. 金星探査機「あかつき」を周回軌道投入、5年ぶり再挑戦…成否は12月9日ごろ判明

    金星探査機「あかつき」を周回軌道投入、5年ぶり再挑戦…成否は12月9日ごろ判明

  4. アルマ望遠鏡、地球に似た軌道を持つ惑星の誕生現場を初観測…若い星の付近で

  5. JAXA、8人が閉鎖環境で14日滞在する試験を計画通り終了…次回は夏以降

  6. 先進光学衛星がプロジェクトに移行へ…349億円投じ2019年末打ち上げ目指す

  7. 高エネルギーガンマ線を放出する超巨大ブラックホール候補天体の大規模探査に成功

  8. 天の川銀河の中で2番目に大きなブラックホール…慶応大などの研究チームが発見

  9. JAXA、ホンモノ体験プログラム「名古屋スペースキャンプ」を開催…参加者を募集

  10. 三菱重工、UAEの火星探査機打ち上げを受注…H-IIAロケットで2020年に打ち上げ

アクセスランキングをもっと見る