助手席をどこからでも操れる!ダイハツ タント のミラクルポイント[動画]

自動車 ニューモデル 新型車

助手席シートバックレバーを使い、運転席、後席どこからでも助手席をスライドすることができる
  • 助手席シートバックレバーを使い、運転席、後席どこからでも助手席をスライドすることができる
  • 助手席の後ろにあるレバー
  • 広い足元スペース
  • モータージャーナリストの西川淳氏
  • タントカスタム トップエディション SAIIとモータージャーナリストの西川淳氏
  • ミラクルオープンドアによって1490mmもの大開口を実現
  • ダイハツ タント(8インチメモリーナビ(プレミアムシャインブラック調)、後席モニター(天井吊り下げ式)、カーペットマット(ベージュ)は、ディーラーオプション)
  • ダイハツ タントの魅力を語るモータージャーナリスト西川淳氏とまるも亜希子氏
広さと使い勝手を追求し進化しつづけてきたダイハツ『タント / タントカスタム』。タントをタントたらしめる最大の特長は、やはり圧倒的な室内空間の広さと、大開口の「ミラクルオープンドア」だ。その魅力を、「タントにうるさい」モータージャーナリスト西川淳氏とまるも亜希子氏が動画で語る。

子育てママにも嬉しい注目の機能が、軽自動車として初めて採用された「助手席シートバックレバー」だ。助手席ヘッドレスト横にあるレバーを持ち上げることで、運転席に居ながら助手席をリクライニングすることができる。ドライブ中に眠ってしまった子供のために、やさしくシートを倒してあげることが可能だ。

さらに、助手席後ろのレバーで前後のスライドもできるため、後席からでも自在にスペースの確保ができるのが嬉しい。最大380mmの超ロングスライドによって、後席の足元スペースは最大695mmまで拡大する。また後席シートバックはフラットなテーブルとして利用出来るため、赤ちゃんのいる家庭ならここでミルクを作ったり、おむつ替えの際のちょっとした物置きなど、利用の幅は大きく広がる。後席を倒した状態であれば、室内長2200mmという広さを活かし、自転車やカーペットなどの長モノを搭載することも容易にできる。

動画に登場するのは、「タントカスタム トップエディション SAII」。タントならではの使い勝手はもちろん、カスタムらしく男らしく高級感ある仕上がりとしているのが特長。子育てパパにもオススメの一台といえそうだ。




◆ダイハツ タント スペシャルサイト
◆ダイハツ タント カスタム スペシャルサイト
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

    【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

  2. 【日産 セレナ 新型】星野専務「予約好調、ロケットスタート切る」 8月24日発売

    【日産 セレナ 新型】星野専務「予約好調、ロケットスタート切る」 8月24日発売

  3. 【メルセデス Eクラス 新型】ドライブパイロット初搭載、高速渋滞時の自動運転を実現

    【メルセデス Eクラス 新型】ドライブパイロット初搭載、高速渋滞時の自動運転を実現

  4. 【スバル インプレッサ 新型】専用サイトで国内仕様を公開…歩行者保護エアバッグを初装備

  5. BMW M5、現行型に最終モデル…5年の歴史に幕

  6. アルピナ版 5シリーズ ツーリング「B5」早くも目撃

  7. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】上野社長「新世代のスタンダードに」

  8. ホンダ NSX 新型、環境性能でフェラーリ/マクラーレン凌駕

  9. 【日産 セレナ 新型】9月発売予定のプロトタイプ、詳細を撮影[写真蔵]

  10. 【スバル インプレッサ 新型】すべてが必然のデザイン…フロントに生きる「栄・誉エンジン」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら