マツダ、新型 CX-9 の生産を開始

自動車 ビジネス 海外マーケット

マツダ CX-9 新型(ロサンゼルスモーターショー15)
  • マツダ CX-9 新型(ロサンゼルスモーターショー15)
  • マツダ CX-9 新型(ロサンゼルスモーターショー15)
マツダは12日、本社宇品第1工場で、新型3列ミッドサイズクロスオーバーSUV新型『CX-9』の生産を開始した。生産されたCX-9は、アメリカおよびカナダ市場向けで、16年春より、北米から順次販売を開始する予定だ。

CX-9は2006年4月、ニューヨークモーターショー06でデビュー。『CX-7』(生産終了)よりもひと回り大きいSUVで、3列シートを装備するのが特徴だ。2012年10月から新世代デザインの「魂動」が導入されている。 ロサンゼルスモーターショー15で初公開された新型は、2世代目モデル。

また本社工場では、同車の生産開始にあわせて、新開発の2.5リットル直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」の生産も開始した。
《徳田龍磨》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

    撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  2. 富士重「スバル」へ社名変更、そのねらいとは

    富士重「スバル」へ社名変更、そのねらいとは

  3. 日産 アルティマ、米国で再リコール84万台…走行中にボンネットが開く恐れ

    日産 アルティマ、米国で再リコール84万台…走行中にボンネットが開く恐れ

  4. マツダ ロードスター に「宮古島」仕様

  5. 日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

  6. カレコカーシェアリング、新型ロードスターを都内3ステーションに導入

  7. 富士重、スバル自動車保険プランを5年ぶりにリニューアル…サービス拡充

  8. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  9. オリックス、カーシェア車両に セレナハイブリッド 30台を導入

  10. 米スバルのSUV、トライベッカ がリコール…走行中にボンネットが開く恐れ

アクセスランキングをもっと見る