X線天文衛星を搭載のH-IIAロケット30号機、悪天候で打ち上げ延期

宇宙 企業動向

打ち上げが延期となった規定以上の氷結層を含む雲の状況(イメージ)
  • 打ち上げが延期となった規定以上の氷結層を含む雲の状況(イメージ)
  • H-IIAロケット29号機打ち上げ(参考画像)
三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、X線天文衛星(ASTRO-H)を搭載したH-IIAロケット30号機(H-IIA・F30)の打ち上げを延期すると発表した。

H-IIA・F30は2月12日に打ち上げを予定していた。しかし、射場近辺に規定以上の氷結層を含む雲の発生が予想されることに加え、打ち上げ作業に支障のある強風が予想されることから、打ち上げ延期を決定した。

新たな打ち上げ日について気象情報などから判断し、決定次第公表するとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. 大西宇宙飛行士、七夕に宇宙に向けて飛び立つ…ISS打ち上げ日時が正式決定

    大西宇宙飛行士、七夕に宇宙に向けて飛び立つ…ISS打ち上げ日時が正式決定

  2. 「はやぶさ2」が目指す小惑星「リュウグウ」、今夏に観測できるチャンス

    「はやぶさ2」が目指す小惑星「リュウグウ」、今夏に観測できるチャンス

  3. 日本が育てたレーダー衛星の独自技術『だいち2号』5月24日打ち上げ

    日本が育てたレーダー衛星の独自技術『だいち2号』5月24日打ち上げ

  4. 「はやぶさ2」、追加イオンエンジン運転で軌道修正に成功

  5. 内閣府、準天頂衛星「みちびき」初号機の後継機を開発へ

  6. ボーイング、6番目のWGS衛星の打ち上げで戦略通信機能を拡大

  7. 2017年は日食が2回、月食が1回…国立天文台が暦要項を公表

  8. JAXA、大気球で微小重力環境を作る実験が無事終了

  9. 世界の宇宙予算20年ぶり縮小

  10. JAXA、ISS「きぼう」に搭載したCALETで電子の集中豪雨を観測

アクセスランキングをもっと見る