X線天文衛星を搭載のH-IIAロケット30号機、悪天候で打ち上げ延期

宇宙 企業動向

打ち上げが延期となった規定以上の氷結層を含む雲の状況(イメージ)
  • 打ち上げが延期となった規定以上の氷結層を含む雲の状況(イメージ)
  • H-IIAロケット29号機打ち上げ(参考画像)
三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、X線天文衛星(ASTRO-H)を搭載したH-IIAロケット30号機(H-IIA・F30)の打ち上げを延期すると発表した。

H-IIA・F30は2月12日に打ち上げを予定していた。しかし、射場近辺に規定以上の氷結層を含む雲の発生が予想されることに加え、打ち上げ作業に支障のある強風が予想されることから、打ち上げ延期を決定した。

新たな打ち上げ日について気象情報などから判断し、決定次第公表するとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. JAXA、ISS「きぼう」の利用状況を公表…米国の超小型衛星「NRCSD#8」を放出

    JAXA、ISS「きぼう」の利用状況を公表…米国の超小型衛星「NRCSD#8」を放出

  2. 国際宇宙ステーション「きぼう」で作成した「タンパク質結晶」、予定早め急きょ地球に帰還

    国際宇宙ステーション「きぼう」で作成した「タンパク質結晶」、予定早め急きょ地球に帰還

  3. JAXA、「はやぶさ2」のミッションロゴを青系統に変更…スイングバイ成功を機に

    JAXA、「はやぶさ2」のミッションロゴを青系統に変更…スイングバイ成功を機に

  4. 金星探査機「あかつき」に搭載の観測器が定常観測に移行…金星の観測を開始

  5. Google傘下の地球観測衛星ベンチャー、2号機衛星の初画像を公開

  6. 東芝、インド気象庁から気象レーダーを受注…海外からは初

  7. JAXA、「きぼう」日本実験棟での実験予定を公表…Multi Omics実験を継続

  8. 国際宇宙ステーション「きぼう」で高品質タンパク質生成実験を実施…医薬品創生を目指す

  9. すばる望遠鏡の超広視野主焦点カメラ、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の姿を捉える

  10. すばる望遠鏡で126億光年彼方の宇宙に小さな銀河を多数発見

アクセスランキングをもっと見る