【メルセデスベンツ GLC】“SUVイヤー”の第一弾として投入

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLC
  • メルセデス・ベンツ日本代表取締役社長兼CEOの上野金太郎氏
メルセデス・ベンツ日本は『Cクラス』の先進性を踏襲した新世代SUVの『GLC』を発売した。

「2015年、メルセデスベンツはグローバル、日本いずれも過去最高の販売台数(グローバル約187万台、日本約6万台)を達成した」とは、同社代表取締役社長兼CEOの上野金太郎氏の弁。日本では、「初のクリーンディーゼルハイブリッドを始め、高効率ガソリンエンジン、クリーンディーゼルのブルーテック、プラグインハイブリッドなど環境適合性に高い最新のパワートレインを多数投入した“エンジン革命の年”となった」と振り返る。

そして2016年は「“SUVイヤー”をテーマに魅力的なSUVモデルを始め、昨年を超える10車種以上の新型車を市場に投入し、日本のユーザーの選択肢を更に拡大する」と宣言。メルセデスベンツというと、セダンやワゴンのイメージが強いが、昨今SUVにも力を入れている。東京モーターショー2015では『GLE』を発表し、大阪モーターショー2015では一部改良した『Gクラス』を発表するなど、「現時点でプレミアムブランド最多の5車種をラインナップ。そして本年は、エンジンバリエーションの追加に加え、新規車種『GLEクーペ』を導入し6車種の展開となる。また、東京オートサロン2015に参考出品した『G550 4x4 2』の導入も予定している」という。その結果、「昨年のブランド内構成比率では、SUVは全体の16%であったが、本年は2割程度まで高められるのではないか」とコメント。

このSUVイヤーの第一弾として『GLC』が投入された。「GLCの前身の『GLK』は、2008年に誕生したメルセデス4番目のSUVで、3.5リットルV6エンジンと、フルタイム四輪駆動によるオールラウンドな走行性能と、力強い個性的なデザインが特徴だった」と話す。

そして今回のフルモデルチェンジにより、「メルセデスベンツのベストセラーモデル、Cクラスと同等の安全装備、快適装備を備えるとともに車種名もGLCと刷新した」。GLは、メルセデスの SUVモデルを表し、Cは車格を示している。このGLCの導入により、「Cクラスファミリーはセダン、ステーションワゴン、クーペにSUVも加わり、ユーザーに選んでもらえる選択肢がより広がった」と述べた。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【レヴォーグ STIスポーツ】発売1か月で3000台超え、購入者の6割は40~50代

    【レヴォーグ STIスポーツ】発売1か月で3000台超え、購入者の6割は40~50代

  2. 【スバル レヴォーグ STIスポーツ】ボルドー内装で上質さをアピール

    【スバル レヴォーグ STIスポーツ】ボルドー内装で上質さをアピール

  3. 【ペブルビーチ 16】KEN OKUYAMAの「kode57」…V12は620馬力

    【ペブルビーチ 16】KEN OKUYAMAの「kode57」…V12は620馬力

  4. 【ペブルビーチ 16】キャデラック エスカーラ、高級車の内装の新基準を提示

  5. ボルボ XC90、豪華リアシートの“ショーファーモデル”を発表…1299万円

  6. アウディ TT、469万円のエントリーグレードを追加…限定モデル2種も同時発売

  7. 【ペブルビーチ 16】ランボルギーニ センテナリオ にロードスター…クーペと違う内外装

  8. 史上最強の 911、市販に向け準備着々…再びニュルに

  9. マツダ ロードスター「RF」、米国発売記念車…1000台限定

  10. 【日産 セレナ 新型】プロパイロット採用、ミニバンクラス世界初の同一車線自動運転技術

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら