【ダイハツ キャスト スポーツ 試乗】醍醐味満点のスポーティな走り…島崎七生人

試乗記 国産車

ダイハツ キャストスポーツ“SA II”
  • ダイハツ キャストスポーツ“SA II”
  • ダイハツ キャストスポーツ“SA II”
  • ダイハツ キャストスポーツ“SA II”
  • ダイハツ キャストスポーツ“SA II”
  • ダイハツ キャストスポーツ“SA II”
  • ダイハツ キャストスポーツ“SA II”
  • ダイハツ キャストスポーツ“SA II”
『キャスト』3兄弟のなかで、ひときわ威勢のいいモデルがこの「スポーツ」。「スタイル」が標準仕様だとしたら、よりファンな走りをコミットする(!?)のがコチラ、という訳だ。

外観では凝ったフィルム製の白または黒ルーフのほか、Cピラーとドアミラーカバーに写真のような挿し色の赤も選べる。が、もし筆者が自分で選ぶなら、オレンジやブルーのモノトーン。あまり力まず、サラッと乗りこなしたいからだ。

インテリアで「ほぅ!」と思わせられたのは、インパネが「スタイル」とは別モノということ。助手席前にポケットがあり、中央エアコン吹き出し口のフチ取り形状、センターパネルの加飾(ピアノブラック調)などが専用。ダイハツ車ではお馴染みのmomoのステアリングも専用だ。基本的に機能的なデザインで、他のバリエーション同様、ドアトリムの上質な触感も注目点。メーター文字盤が“赤”であるのも専用だ。

走りは、決して見かけ倒しではなかった。FF、4WDとも搭載エンジンはターボのみの設定で、パフォーマンスは意のままといったところ。さらにサスペンションが専用の設定になっており、このためしっかりとした足さばき…とでもいおうか、山道でもエンジンをシュンシュンと言わせながら、ステアリングを切り込んで積極的な走りができる。

意外だったのはヨコハマADVAN A10を履きつつ、乗り味がしっとりとしているところ。この点では別のハイグリップ仕様(BSポテンザRE050A)のほうが当然ながらハード志向だった。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

試乗記 アクセスランキング

  1. 【トヨタ プレミオ / アリオン 試乗】フルモデルチェンジならばもっと良かった…松下宏

    【トヨタ プレミオ / アリオン 試乗】フルモデルチェンジならばもっと良かった…松下宏

  2. 【トヨタ エスティマ 試乗】10年も経ったらフルモデルチェンジが当然…松下宏

    【トヨタ エスティマ 試乗】10年も経ったらフルモデルチェンジが当然…松下宏

  3. 【プジョー308 ディーゼル 試乗】スムーズにしてトルクフル、時代にマッチした1.6ディーゼル…諸星陽一

    【プジョー308 ディーゼル 試乗】スムーズにしてトルクフル、時代にマッチした1.6ディーゼル…諸星陽一

  4. 【マツダ アクセラ 試乗】「気がつかないけれど、効いている」人馬一体への進化…高山正寛

  5. 【レクサス LX 試乗】何とも古くさい乗り心地は価格に見合うのか…松下宏

  6. 【メルセデスベンツ Eクラス 試乗】 世界最高の先進技術満載は間違いないのだけど…中村孝仁

  7. 【ボルボ V40 試乗】数値にあらわれないブラッシュアップを感じる…中村孝仁

  8. 【日産 GT-R 2017モデル 試乗】開発陣の思いでこうも変化するものか…桂伸一

  9. 【マツダ アクセラ 試乗】同乗者に絶対喜ばれる「Gベクタリングコントロール」…会田肇

  10. 【MINI クーパーD 試乗】待望の5ドアディーゼルミニ、気に入っちゃいました…中村孝仁

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら