【ダイハツ キャスト スポーツ 試乗】醍醐味満点のスポーティな走り…島崎七生人

試乗記 国産車

ダイハツ キャストスポーツ“SA II”
  • ダイハツ キャストスポーツ“SA II”
  • ダイハツ キャストスポーツ“SA II”
  • ダイハツ キャストスポーツ“SA II”
  • ダイハツ キャストスポーツ“SA II”
  • ダイハツ キャストスポーツ“SA II”
  • ダイハツ キャストスポーツ“SA II”
  • ダイハツ キャストスポーツ“SA II”
『キャスト』3兄弟のなかで、ひときわ威勢のいいモデルがこの「スポーツ」。「スタイル」が標準仕様だとしたら、よりファンな走りをコミットする(!?)のがコチラ、という訳だ。

外観では凝ったフィルム製の白または黒ルーフのほか、Cピラーとドアミラーカバーに写真のような挿し色の赤も選べる。が、もし筆者が自分で選ぶなら、オレンジやブルーのモノトーン。あまり力まず、サラッと乗りこなしたいからだ。

インテリアで「ほぅ!」と思わせられたのは、インパネが「スタイル」とは別モノということ。助手席前にポケットがあり、中央エアコン吹き出し口のフチ取り形状、センターパネルの加飾(ピアノブラック調)などが専用。ダイハツ車ではお馴染みのmomoのステアリングも専用だ。基本的に機能的なデザインで、他のバリエーション同様、ドアトリムの上質な触感も注目点。メーター文字盤が“赤”であるのも専用だ。

走りは、決して見かけ倒しではなかった。FF、4WDとも搭載エンジンはターボのみの設定で、パフォーマンスは意のままといったところ。さらにサスペンションが専用の設定になっており、このためしっかりとした足さばき…とでもいおうか、山道でもエンジンをシュンシュンと言わせながら、ステアリングを切り込んで積極的な走りができる。

意外だったのはヨコハマADVAN A10を履きつつ、乗り味がしっとりとしているところ。この点では別のハイグリップ仕様(BSポテンザRE050A)のほうが当然ながらハード志向だった。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

試乗記 アクセスランキング

  1. 【ホンダ アコード プラグイン ハイブリッド 試乗】ハイブリッドと一線画すパワーフィールと高められた快適性

    【ホンダ アコード プラグイン ハイブリッド 試乗】ハイブリッドと一線画すパワーフィールと高められた快適性

  2. ホンダ シャトル で6泊7日の車中泊、フルフラットでぐっすり睡眠

    ホンダ シャトル で6泊7日の車中泊、フルフラットでぐっすり睡眠

  3. 【アルファロメオ ジュリエッタ 試乗】スペックを超えた愉しさこそアルファの真髄…森口将之

    【アルファロメオ ジュリエッタ 試乗】スペックを超えた愉しさこそアルファの真髄…森口将之

  4. 【トヨタ オーリスハイブリッド 試乗】燃費第一主義と決別したクルマは気持ちいい…諸星陽一

  5. 【ジャガー XF ディーゼル 試乗】高級車にディーゼルは当たり前の時代に…中村孝仁

  6. 【スズキ バレーノ 試乗】のんびりとした雰囲気、気楽に付き合える「XG」…岩貞るみこ

  7. 【トヨタ ランドクルーザー70 試乗】面白がって買うとイタイ目を見る、マニアックな一台…松下宏

  8. 【アルファロメオ MiTo 試乗】ドライビングに夢中になるのは「血が通っている」から…森口将之

  9. 【ホンダ シビック タイプR 試乗】その走りは感動的ですらあった…松下宏

  10. 【ジャガー XE ディーゼル 試乗】500万円を切るディーゼルジャガーの魅力とは…諸星陽一

アクセスランキングをもっと見る