【レクサス NX300h 雪上試乗】軽々とした走りで路面を選ばないドライバビリティ…諸星陽一 | レスポンス(Response.jp)

【レクサス NX300h 雪上試乗】軽々とした走りで路面を選ばないドライバビリティ…諸星陽一

試乗記 国産車

レクサス NX300h
  • レクサス NX300h
  • レクサス NX300h
  • レクサス NX300h
  • レクサス NX300h
  • レクサス NX300h
  • レクサス NX300h
  • レクサス NX300h
2016年1月末に北海道で開催されたレクサスブランドのウインター試乗会で『NX300h』に試乗した。

試乗コースは十勝スピードウエイのパドックに設けられたハンドリングコースとスキッドパッド。NXは走り出しから非常に軽やかな印象を与えてくれた。見た目はどっしりとしたSUVなのだが、アクセルを踏んでスッと前に進んでく様子はじつに軽やかで乗用車ライクなもの。クルマの大きさも重さもまったく感じない。

NX300hはフロントをエンジン&モーター、リヤをモーターで駆動するタイプの4WD。モーターを採用しているので、駆動力の制御が非常に細かく、緻密な制御が可能となっていて発進をスムーズにしている。

一般道の雪道ではほとんど行わないであろうロック領域にまで達するフルブレーキングも試したところ、ABSがググっと効き効率よく減速していく。ABSは制動距離を短縮することが目的ではないが、よくできたABSは現実として制動距離を短くする。NXのABSはそうしたABSの代表と言ってもいいほど。また、本来の目的であるABS作動中のステアリングの効きも十分に確保されている。

スノードライブについてNXのいいところは、車重と重心の高さを感じさせない部分だろう。大きく、重心の高いクルマを雪道で乗るのは精神的にプレッシャーを感じるが、NXについては基本性能でそこの部分を排除してくれるので、運転がしやすい。まずスタート部分がいいというのは、運転を楽しめる第一歩だといえる。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

諸星陽一|モータージャーナリスト
自動車雑誌の編集部員を経て、23歳でフリーランスのジャーナリストとなる。20歳代後半からは、富士フレッシュマンレースなどに7年間参戦。サーキットでは写真撮影も行う、フォトジャーナリストとして活動中。趣味は料理。
《諸星陽一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品