X線天文衛星「ASTRO-H」搭載のH-IIAロケット30号機、打ち上げ時間が決定

宇宙 テクノロジー

三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、X線天文衛星「ASTRO-H」を搭載したH-IIAロケット30号機の打ち上げ時間を決定した。

X線天文衛星ASTRO-Hを搭載したH-IIAロケット30号機は、種子島宇宙センター大型ロケット第1射点から2月12日17時45分(日本標準時)に打ち上げる。30号機では、打上げ能力の余裕を利用して、小型副衛星に対して軌道投入の機会を提供する。

打ち上げ約1分48秒後に固体ロケットブースタ、約4分15秒後に衛星フェアリングをそれぞれ分離、約6分38秒後に第1段主エンジンの燃焼を停止してその後に分離する予定。打ち上げ約6分52秒後に第2段エンジンの燃焼を開始、約13分24秒後に燃焼を停止、約14分14秒後に高度約575km、軌道傾斜角31.0度の円軌道上でASTRO-Hを分離する。

ASTRO-Hの分離後、ロケットは慣性飛行を継続し、打ち上げ約22分34~37秒までに小型副衛星搭載機構に分離信号を送る。

打ち上げ時間帯は17時45分~18時30分。打ち上げ予備期間は2月13日~2月29日。

ASTRO-Hは、ブラックホール、超新星残骸、銀河団など、X線やガンマ線で観測される高温・高エネルギーの天体の研究を通じて、宇宙の構造とその進化の解明を行うことを目的とする天文衛星。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. 国際宇宙ステーション「きぼう」で作成した「タンパク質結晶」、予定早め急きょ地球に帰還

    国際宇宙ステーション「きぼう」で作成した「タンパク質結晶」、予定早め急きょ地球に帰還

  2. JAXA、金星探査機「あかつき」が軌道修正を実施…観測期間を延長

    JAXA、金星探査機「あかつき」が軌道修正を実施…観測期間を延長

  3. 金星探査機「あかつき」に搭載の観測器が定常観測に移行…金星の観測を開始

    金星探査機「あかつき」に搭載の観測器が定常観測に移行…金星の観測を開始

  4. 金星探査機「あかつき」、金星雲の微細な凹凸の可視化に成功

  5. 130億光年彼方で一般相対性理論を検証…アインシュタインの説の正しさを裏づけ

  6. 国際宇宙ステーション「きぼう」からフィリピン第1号超小型衛星の放出に成功

  7. 北極海の海氷観測衛星『WNISAT-1』初の画像撮影に成功

  8. 精密測量機器メーカーが本気でドローンを作るとこうなる…JAVAD GNSS『TRIUMPH-F1』

  9. ジャパンホームシールド、JAXAと月面でも利用可能な地盤調査技術を共同研究

  10. JAXA、ISS「きぼう」に搭載したCALETで電子の集中豪雨を観測

アクセスランキングをもっと見る