スカパーJSAT、ロッキード・マーチンから通信衛星を調達…2019年度下期に打ち上げ

宇宙 企業動向

スカパーJSATは、通信衛星JCSAT-17を米国のロッキード・マーチンから調達する契約を締結したと発表した。

ロッキード・マーチンは、2019年度下期に打ち上げを行う予定。衛星バスには、ロッキード・マーチン製のA2100を使用する。

JCSAT-17は、Sバンド、Cバンド、Kuバンドの高性能トランスポンダを搭載し、主に日本国内向けに衛星通信サービスを提供する。寿命は15年以上。

スカパーJSATは、今後も高品質で安定した衛星通信サービスの提供に努めるとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. JAXA、ISS「きぼう」の利用状況を公表…米国の超小型衛星「NRCSD#8」を放出

    JAXA、ISS「きぼう」の利用状況を公表…米国の超小型衛星「NRCSD#8」を放出

  2. 金星探査機「あかつき」に搭載の観測器が定常観測に移行…金星の観測を開始

    金星探査機「あかつき」に搭載の観測器が定常観測に移行…金星の観測を開始

  3. 国際宇宙ステーション「きぼう」で作成した「タンパク質結晶」、予定早め急きょ地球に帰還

    国際宇宙ステーション「きぼう」で作成した「タンパク質結晶」、予定早め急きょ地球に帰還

  4. JAXA、「はやぶさ2」のミッションロゴを青系統に変更…スイングバイ成功を機に

  5. ジャパンホームシールド、JAXAと月面でも利用可能な地盤調査技術を共同研究

  6. 大西宇宙飛行士、打ち上げ目標が6月24日午後3時14分に決定

  7. 2017年は日食が2回、月食が1回…国立天文台が暦要項を公表

  8. JAXA、ISS「きぼう」に搭載したCALETで電子の集中豪雨を観測

  9. 130億光年彼方で一般相対性理論を検証…アインシュタインの説の正しさを裏づけ

  10. すばる望遠鏡の超広視野主焦点カメラ、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の姿を捉える

アクセスランキングをもっと見る