人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

スカパーJSAT、ロッキード・マーチンから通信衛星を調達…2019年度下期に打ち上げ

宇宙 企業動向

スカパーJSATは、通信衛星JCSAT-17を米国のロッキード・マーチンから調達する契約を締結したと発表した。

ロッキード・マーチンは、2019年度下期に打ち上げを行う予定。衛星バスには、ロッキード・マーチン製のA2100を使用する。

JCSAT-17は、Sバンド、Cバンド、Kuバンドの高性能トランスポンダを搭載し、主に日本国内向けに衛星通信サービスを提供する。寿命は15年以上。

スカパーJSATは、今後も高品質で安定した衛星通信サービスの提供に努めるとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. アルマ望遠鏡の観測提案の審査を終了…1571件の応募

    アルマ望遠鏡の観測提案の審査を終了…1571件の応募

  2. NASA 2017年の民間有人宇宙船開発にボーイングとスペース Xを選定

    NASA 2017年の民間有人宇宙船開発にボーイングとスペース Xを選定

  3. アルマ望遠鏡で巨大ブラックホールに吸い込まれるガス雲の様子を初観測

    アルマ望遠鏡で巨大ブラックホールに吸い込まれるガス雲の様子を初観測

  4. スペースX、スカパーJSATの通信衛星JCSAT-16の打ち上げ成功

  5. 人工衛星を活用した農地調査サービス、パスコが開始

  6. 商用で世界最高解像度の地球観測衛星「WorldView-3」打ち上げ成功

  7. ペルセウス座流星群の観測…全国的に最高の条件 8月12日

  8. アポロ11号指令船「コロンビア」の高解像度3Dスキャンデータを作成

  9. JAXAの閉鎖環境試験に2900人の応募…長期宇宙滞在について

  10. アルファサット遠距離通信衛星がテストを通過

アクセスランキングをもっと見る