人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

GSユアサ、X線天文衛星「ASTRO-H」に高性能リチウムイオン電池を供給

宇宙 企業動向

GSユアサは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が2月12日に種子島宇宙センターから打ち上げる予定で、日本電気が衛星インテグレーションを担当したX線天文衛星「ASTRO-H」にGSユアサテクノロジー製の高性能リチウムイオン電池が採用されたと発表した。

今回、「ASTRO-H」に搭載されるのは宇宙用リチウムイオン電池「JMG100」(100Ah)で、GSユアサテクノロジーがJAXA研究開発部門からの委託を受けて開発、JAXAコンポーネントとして登録されている。

JAXAコンポーネント登録とは、JAXA研究開発部門が人工衛星に共通に使用される搭載コンポーネントやデバイスを開発し、JAXAデータベースに登録・開示する制度。これまで「JMG050」(50Ah)と「JMG100」、「JMG150」(150Ah)が登録されている。

X線天文衛星「ASTRO-H」は、JAXAやNASA(米航空宇宙局)をはじめ、国内外の大学・研究機関が開発に参加するX線天文学の旗艦ミッション。国際協力によって開発された4種類の新型観測システムで、銀河団の中に渦巻くX線でしか観測できない高温ガスの動きを測定、これまで観測できなかった銀河の中心にある塵やガスに深く埋もれた巨大ブラックホールなども観測し、宇宙がどのように進化して、今の宇宙になったのかの謎を解明する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. ドラゴン補給船運用9号機の打ち上げ成功

    ドラゴン補給船運用9号機の打ち上げ成功

  2. オライオン有人宇宙船の世界最大のヒートシールド 出荷の模様[動画]

    オライオン有人宇宙船の世界最大のヒートシールド 出荷の模様[動画]

  3. X線天文衛星「ひとみ」の後継機を2020年に打ち上げへ…JAXA

    X線天文衛星「ひとみ」の後継機を2020年に打ち上げへ…JAXA

  4. ペルセウス座流星群の観察チャンス---8月12日を中心に

  5. JAXA、8人が閉鎖環境で14日滞在する試験を計画通り終了…次回は夏以降

  6. 超新星が出現した場所に明るい青色の星を発見…カブリIPMU

  7. 火星探査機 MAVEN から初観測結果届く

  8. JAXA、有人閉鎖環境滞在試験の被験者募集を再開

  9. H3ロケットの開発などのチャレンジを紹介するシンポジウム 7月28日

  10. 「宇宙エレベーター」実現めざし8回目の学会、環境保護の視点も

アクセスランキングをもっと見る