VW米国販売、14.6%減の2万台…3か月連続で減少 1月

自動車 ビジネス 海外マーケット

フォルクスワーゲン ジェッタ
  • フォルクスワーゲン ジェッタ
  • フォルクスワーゲン・パサート(北米仕様)
  • フォルクスワーゲン ゴルフ(北米仕様)
  • フォルクスワーゲン ティグアン
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル
フォルクスワーゲンの米国法人、フォルクスワーゲンオブアメリカは2月2日、1月の新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は2万0079台。前年同月比は14.6%減と、3か月連続で前年実績を下回った。

フォルクスワーゲンに関しては2015年9月、米国EPA(環境保護局)の発表により、排出ガス試験を不正にクリアする目的で、一部ディーゼル車に違法なソフトウェアが搭載されていたことが発覚。その影響が販売面に表れている。

1月の車種別の販売結果は、主力車の『ジェッタ セダン』が8175台で、前年同月比は1.7%減と引き続き減少。主力ミドルセダンの『パサート』(欧州仕様とは異なる北米専用車)は、改良新型モデル投入を控えて、43.1%減の3586台と、3か月連続のマイナスに。

『ゴルフ』シリーズは、前年同月比4.9%減の3993台と、マイナスに転じた。なお、『ゴルフ ヴァリアント』は集計方法を変更。前年同月は『ジェッタ・スポーツワゴン』として集計されていたが、現在は『ゴルフ』シリーズにカウントされている。

この他の車種では、『ティグアン』が前年同月比71.6%増の2528台と、1月の記録を更新。『ザ・ビートル』は32.4%減の939台と、引き続き落ち込む。

フォルクスワーゲンの2015年米国実績は、34万9440台。前年同期比は4.8%減と、3年連続で前年を下回っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

    アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

  2. 【スマートコミュニティ16】トヨタ、新型プリウスPHV 日本仕様を初公開

    【スマートコミュニティ16】トヨタ、新型プリウスPHV 日本仕様を初公開

  3. 自動車メーカー、他社牽制力ランキング トップ3はトヨタ 日産 ホンダ

    自動車メーカー、他社牽制力ランキング トップ3はトヨタ 日産 ホンダ

  4. 軍用ロボ? いえトラクターです…ランボルギーニ MACH VRT T4i

  5. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  6. スバル富士重、国内販売が5か月ぶりのプラス…4月実績

  7. 日産、デイズ販売停止も影響し国内販売22.3%減…4月実績

  8. マツダ、海外生産が25か月ぶりのマイナス…4月実績

  9. 三菱自、登録車販売除き、生産・販売ともに前年同月比マイナス…燃費不正の影響大

  10. トヨタのブレーキ合弁、アドヴィックス…増資と持株比率を変更

アクセスランキングをもっと見る