【ジュネーブモーターショー16】フェラーリ FF、「GTC4ルッソ」に進化…V12は690馬力

自動車 ニューモデル 新型車

フェラーリ GTC4ルッソ
  • フェラーリ GTC4ルッソ
  • フェラーリ GTC4ルッソ
  • フェラーリ GTC4ルッソ
  • フェラーリ GTC4ルッソ
  • フェラーリ GTC4ルッソ
  • フェラーリ GTC4ルッソ
イタリアの高級スポーツカーメーカー、フェラーリは2月8日、『GTC4ルッソ』の概要を明らかにした。実車は3月、スイスで開催されるジュネーブモーターショー16で初公開される。

GTC4ルッソは2011年春、ジュネーブモーターショー11で発表された『FF』(フェラーリ・フォー)の大幅改良モデル。デビューから5年を経て行われた大幅改良を機に、車名をGTC4ルッソに改めた。

外観は、フロントバンパー、グリル、ヘッドライトを変更して、表情を一新。リアは、テールランプやルーフスポイラー、ディフューザーが新しい。フェラーリによると、エアロダイナミクス性能を大きく引き上げているという。また、フロントフェンダーのエアインテークは、名車『330GTC』をモチーフにした。

インテリアも大幅に変更。フェラーリが「デュアル・コクピット」と呼ぶダッシュボードは、新設計。コンパクトなステアリングホイール、10.25インチのタッチスクリーン採用の最新ナビ&インフォテインメントシステムを装備する。

排気量6262ccの直噴V型12気筒ガソリン自然吸気エンジンは、再チューン。最大出力は660psから690psへ30ps向上。最大トルクも69.6kgmから71.1kgmへ、1.5kgm高められた。最大トルクの80%は、1750rpmから引き出される。

4WDシステムの「4RM」は、「4RM Evo」に進化。この4RM Evoと第4世代のスリップサイドコントロールシステムは、今回初めて、リアホイールステアリングと連携。フェラーリによると、濡れた路面や低ミュー路、雪道などで、強大なトルクを制御しやすくなったという。

強化されたエンジンと進化した4WDを得たGTC4ルッソは、0-100km/h加速3.4秒と、従来の3.7秒から0.3秒短縮。最高速は従来通り、335km/hと優れた性能を実現している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

    【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

  2. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】上野社長「新世代のスタンダードに」

    【メルセデスベンツ Eクラス 新型】上野社長「新世代のスタンダードに」

  3. 【メルセデス Eクラス 新型】ドライブパイロット初搭載、高速渋滞時の自動運転を実現

    【メルセデス Eクラス 新型】ドライブパイロット初搭載、高速渋滞時の自動運転を実現

  4. 【スバル インプレッサ 新型】専用サイトで国内仕様を公開…歩行者保護エアバッグを初装備

  5. BMW M5、現行型に最終モデル…5年の歴史に幕

  6. ホンダ NSX 新型、環境性能でフェラーリ/マクラーレン凌駕

  7. 【パリモーターショー16】スマート 新型にEV、初公開へ

  8. メルセデス Eクラスワゴン新型、欧州での受注を開始

  9. 【スバル インプレッサ 新型】すべてが必然のデザイン…フロントに生きる「栄・誉エンジン」

  10. ポルシェ 911 史上最強!?「GT2 RS」がニュル降臨

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら