【シカゴモーターショー16】ヒュンダイのSUV、サンタフェ 兄弟に改良新型

自動車 ニューモデル 新型車

ヒュンダイ サンタフェ スポーツ現行型
  • ヒュンダイ サンタフェ スポーツ現行型
  • ヒュンダイ サンタフェ スポーツ現行型
  • ヒュンダイ サンタフェ現行型
米国で2月11日に開幕するシカゴモーターショー16。韓国のヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)が、初公開車を予定している。

これは2月2日、同社の米国法人、ヒュンダイモーターアメリカが明らかにしたもの。「シカゴモーターショー16において、『サンタフェ』と『サンタフェ スポーツ』の改良新型モデルを初公開する」と発表している。

初代サンタフェはヒュンダイの中型クロスオーバー車として、2000年に誕生。2代目モデルは、2005年にデビューした。

現行の3代目モデルは2012年4月、ニューヨークモーターショー12で発表。米国では、従来の2列シートモデルが、サンタフェ スポーツに車名を変更。一方、初設定の3列シートのロングホイールベース仕様が、従来と同じサンタフェを名乗る。

シカゴモーターショー16では、サンタフェとサンタフェ スポーツの改良新型モデルが初公開される予定。なお現時点では、画像を含めて、詳細は公表されていない。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【ホンダ NSX 新型】国内販売価格は2370万円、2017年2月27日より発売

    【ホンダ NSX 新型】国内販売価格は2370万円、2017年2月27日より発売

  2. 【新型 セレナ 発表】「プロパイロット」の測拒能力は、ミリ波レーダーやステレオカメラを超えたか

    【新型 セレナ 発表】「プロパイロット」の測拒能力は、ミリ波レーダーやステレオカメラを超えたか

  3. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

    【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  4. 【ホンダ NSX 新型】車体骨格に世界初の「アブレーション鋳造」部材

  5. 【ホンダ NSX 新型】復活構想は6年前から

  6. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

  7. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「操る喜びの追求はホンダの永遠のテーマ」

  8. 【日産 セレナ 新型】星野専務「この車をテコにいいサイクルに持っていきたい」

  9. 【日産 セレナ 新型】プロパイロット採用、ミニバンクラス世界初の同一車線自動運転技術

  10. 【ホンダ NSX 新型】寺谷日本本部長「9月上旬までに200台の受注」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら