日立オートモティブ、常陸那珂有料道路で自動運転の実証試験を実施

自動車 テクノロジー 安全

日立オートモティブが実施する自動走行システムの走行実証試験
  • 日立オートモティブが実施する自動走行システムの走行実証試験
  • センサーフュージョン(360度検知システム)の車内モニター
日立オートモティブシステムズは、常陸那珂有料道路(茨城県ひたちなか市)に、日立グループのクラリオンと共同開発した自動走行システムの走行実証試験を実施すると発表した。

今回の実証試験は、同社初となる公道での自動走行システムの走行実証試験で、「いばらき近未来技術実証推進事業(ロボット実証試験)」の事業者の一つとして日立オートモティブシステムズが採択され、茨城県の支援のもとに実施するもの。実施期間は2月22日から26日を予定している。

今回の高速道路における走行実証試験では、走行車両の周囲360度を検知するセンサーフュージョンと高精度地図から得られる地物情報を組み合わせ、実験車両が周辺車両や車線を認識しながら先導車や車線を追従する自動での単一車線走行と車線変更を行う。さらに、天候や時刻、日照状況などの複数の異なる条件下で実証試験データを収集する予定だ。

センサーフュージョンは、前方のステレオカメラに加え、車両前方と後方、左右に搭載した4つの単眼カメラからなるクラリオンの「サラウンドアイ」と、左右前方と後方に搭載した4つのミリ波レーダーで構成。全方位をシームレスに検知できる優れたセンシングシステムだ。その全方位センシング情報に高精度地図情報を融合した広範囲な周辺情報に基づき、実験車両がエンジン、ステアリング、ブレーキによる加速、操舵、制動を電子コントロールユニットで自動的に統合制御することで高速道路における自動運転レベル2に相当する自動走行を実証する。

同社の自動走行システムは、センサーやアクチュエーター、電子コントロールユニットをはじめ車内ネットワーク、ヒューマンマシンインターフェイス、高精度地図情報など、基幹要素をグループの製品・技術のみで構成し、最適な統合制御を可能としていることが特徴。今回の実証試験を通じ、自動走行における安全性能の向上に加え、環境にやさしく、スムーズで快適な車両制御の実現を目指していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. ホンダアクセス、純正ナビをモデルチェンジ…車両本体との連携機能強化

    ホンダアクセス、純正ナビをモデルチェンジ…車両本体との連携機能強化

  2. ユピテル、萌えキャラ「霧島レイ」のレーダー探知機第4弾モデルを発売

    ユピテル、萌えキャラ「霧島レイ」のレーダー探知機第4弾モデルを発売

  3. ものすごい可能性を感じさせる新発想ガジェット「KKP(くるくるピッ)」

    ものすごい可能性を感じさせる新発想ガジェット「KKP(くるくるピッ)」

  4. ドコモ地図ナビ、徒歩ルートの案内表示を強化

  5. マツダ、G-ベクタリングコントロールと自動ブレーキ技術でキッズデザイン賞を受賞

  6. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

  7. マピオン、秋の味覚狩り特集…全国約450件の農園

  8. 【日産 プロパイロット】東名高速の300Rを100km/hで曲がれるか?

  9. 富士でオーディオカーの祭典「ACG2016 in 中部 with カスタムジャパン」…8月28日

  10. 【官能カーオーディオ!】車内で“スマホ”を聴く方法、最新事情パート2…“AUX”&“USB”編

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら