【全日本ロードレース】2016シーズンの暫定年間エントリーリスト発表

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2016年の年間暫定エントリーリストが発表
  • 2016年の年間暫定エントリーリストが発表
  • 名門MORIWAKIで最高峰クラスに挑戦する高橋裕紀
  • 今年は5連覇に挑む中須賀克行
  • 王座を狙う津田拓也
  • 今年もMuSASHi RT HARC PROから参戦する高橋巧
2016年の全日本ロードレース選手権の年間暫定エントリーリストが8日、MFJ公式サイトで発表され、今季参戦予定のチーム・ライダーらが一斉に明らかとなった。

最高峰JSB1000クラスは昨年前人未到の4連覇を成し遂げた中須賀克行が今年もゼッケン1番をつけYAMAHA FACTORY RACING TEAMから参戦。ジュニアチームにあたる「YAMALUBE RACING TEAM」は野佐根航汰(7番)と藤田拓哉(15番)がエントリーしている。

スズキ勢は津田拓哉(12番ヨシムラ・スズキ・シェル・アドバンス)、今野由寛(32番MotoMap SUPPLY)、加賀山就臣(71番TeamKAGAYAMA)らが参戦。カワサキもワークスチームであるTEAM GREENは柳川明と渡辺一樹が引き続きエントリーしている。

昨年と比べて変更があるのはホンダ勢。高橋巧(634番MuSASHi RT HARC PRO)と秋吉耕佑(090番au & テルル・Kohara RT)は変わらない。名門F.C.C. TSR Hondaはエースだったジョシュ・フックに代わり、昨年最終戦でもTSRから出走した渡辺一馬がゼッケン49番で年間エントリー。フックは昨年の日本GPからロードレース世界選手権Moto2クラスにスポット参戦しており、今年は本格的に同クラスに挑戦する可能性がありそうだ。また昨年のJ-GP2チャンピオンである高橋裕紀が今年はMORIWAKI RACINGとともにJSB1000に挑戦する。

これらを含め、JSB1000の年間エントリーは24台。このまま7月末に行われる鈴鹿8時間耐久ロードレースの主要参戦メンバーにもなってくるため、彼らの走りから目が離せない。

王者が抜けたJ-GP2クラスには23台がエントリー。ST600は23台、J-GP3は17台が年間エントリーをしている。

注目2016シーズンは4月9・10日に筑波サーキットで開幕。JSB1000のみ4月23・24日の鈴鹿サーキットがシリーズ第1戦となる。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【ルマン24時間 2016】トヨタはなぜ勝てなかったのか…総まとめ

    【ルマン24時間 2016】トヨタはなぜ勝てなかったのか…総まとめ

  2. 女子高生が S660 で超絶テク披露…史上最強の「試乗女子」

    女子高生が S660 で超絶テク披露…史上最強の「試乗女子」

  3. 超絶テク披露の試乗女子「実はドリフト走行、初めてです」

    超絶テク披露の試乗女子「実はドリフト走行、初めてです」

  4. 【ルマン24時間 2016】トヨタ、5号車ストップの原因はターボ吸気ダクトの不具合

  5. 【ルマン24時間 2016】トヨタ、逸勝トラブルの真因究明中…今季WEC王座戦線のカギは信頼性か

  6. NASCARやUSキャンパーの雰囲気で、塊肉を喰らう! 東京にアメリカ都市型BBQ

  7. 【ルマン24時間 2016】残り3分の悲劇…トヨタ中嶋一貴「チームの皆にありがとうと言いたい」

  8. 【ルマン24時間 2016】メルセデス AMG、「心はトヨタにある」

  9. 【ルマン24時間 2016】勝者ポルシェ、トヨタに敬意「素晴らしいパフォーマンス」

  10. 【新聞ウォッチ】日産ゴーン社長”賞味期限”延長?…三菱自との提携を株主好感 

アクセスランキングをもっと見る