ジープ ラングラー、ウインタースポーツ仕様の限定モデル発売

自動車 ニューモデル 新型車

ジープ ラングラー アンリミテッド バックカントリー エディション
  • ジープ ラングラー アンリミテッド バックカントリー エディション
  • ジープ ラングラー アンリミテッド バックカントリー エディション
  • ジープ ラングラー アンリミテッド バックカントリー エディション
  • ジープ ラングラー アンリミテッド バックカントリー エディション
  • ジープ ラングラー アンリミテッド バックカントリー エディション
  • ジープ ラングラー アンリミテッド バックカントリー エディション
  • ジープ ラングラー アンリミテッド バックカントリー エディション
  • ジープ ラングラー アンリミテッド バックカントリー エディション
FCAジャパンは、ジープ『ラングラー』に限定モデル「アンリミテッド バックカントリー エディション」を設定し、2月13日より販売を開始する。

今回発売するバックカントリー エディションは、「アンリミテッド サハラ」をベースにウインタースポーツの要素を取り入れた限定モデル。限定ボディカラーとして、過激な「エクストリームスポーツ」を由来とする「エクストリームパープル」も用意する。

フロントフェンダーとリアのクォーターパネルには、Xスポーツの「X」を基に意匠したデカールを装着。また、ブラックアクセントをフロントグリルや「Jeep」エンブレム、ホイール、インパネまわりに採用。パープルボディとのコントラストにより上品な雰囲気を創りだしている。

インテリアでは、シート素材に通気性に優れたレザーとスポーツタイプメッシュのコンビシートを採用。また、フロントにはヒーテッド機能を設定するなど、ウインタースポーツに適した工夫が施されている。

そのほか、ブラックカラーの17インチアルミホイール、ラバーフロアマットやロックレール、ピアノブラックインテリアアクセントなどを装備する。

ボディカラーはエクストリームパープル(80台)、ブラック(10台)、ブライトホワイト(10台)の3色を設定。価格はレザー仕様のベース車両と同額の443万8800円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【レヴォーグ STIスポーツ】発売1か月で3000台超え、購入者の6割は40~50代

    【レヴォーグ STIスポーツ】発売1か月で3000台超え、購入者の6割は40~50代

  2. 【スバル レヴォーグ STIスポーツ】ボルドー内装で上質さをアピール

    【スバル レヴォーグ STIスポーツ】ボルドー内装で上質さをアピール

  3. 【ペブルビーチ 16】KEN OKUYAMAの「kode57」…V12は620馬力

    【ペブルビーチ 16】KEN OKUYAMAの「kode57」…V12は620馬力

  4. 【ペブルビーチ 16】キャデラック エスカーラ、高級車の内装の新基準を提示

  5. ボルボ XC90、豪華リアシートの“ショーファーモデル”を発表…1299万円

  6. アウディ TT、469万円のエントリーグレードを追加…限定モデル2種も同時発売

  7. 【ペブルビーチ 16】ランボルギーニ センテナリオ にロードスター…クーペと違う内外装

  8. 史上最強の 911、市販に向け準備着々…再びニュルに

  9. マツダ ロードスター「RF」、米国発売記念車…1000台限定

  10. 【日産 セレナ 新型】プロパイロット採用、ミニバンクラス世界初の同一車線自動運転技術

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら