スバル米国販売、0.7%増の4.1万台…50か月連続で増加 1月

自動車 ビジネス 海外マーケット

スバル フォレスター(2016年北米仕様)
  • スバル フォレスター(2016年北米仕様)
  • スバル アウトバック(北米仕様)
  • スバル WRX(北米仕様)
  • スバル XVクロストレック(北米仕様)
  • スバル レガシィ 新型(北米モデル)
スバル(富士重工)の米国法人、スバルオブアメリカは2月2日、1月の新車販売の結果を公表した。総販売台数は、1月としては過去最高の4万1101台。前年同月比は0.7%増と、50か月連続で前年実績を上回った。

牽引役を果たしたのは、2013年春にモデルチェンジした『フォレスター』。1月は1万1904台を販売。前年同月比は6.2%増と、2か月連続で増加した。フォレスターの月販台数が1万台を超えたのは、30か月連続。

一方、もうひとつの主力車種の『アウトバック』(日本名:『レガシィ アウトバック』)は1月、1万1197台を売り上げたものの、前年同月比は1.4%減と、2か月ぶりに減少した。セダン版の『レガシィ』(日本名:『レガシィB4』)は、15.3%増の4473台と、2か月連続のプラス。

2012年9月に発売された『XVクロストレック』(日本名:『インプレッサXV』)は、6448台を販売。前年同月比は1%減と、14か月ぶりに前年実績を下回った。

また、『WRX』シリーズは1月、『WRX STI』を含めて、2336台を販売。前年同月比は、3.9%減と2か月ぶりの前年割れ。また、『インプレッサ』(「WRX」を除く)は1月、4382台を販売。前年同月比は14%減と、7か月ぶりに前年実績を下回る。

スバルの2015年米国新車販売は、過去最高の58万2675台。前年比は13.4%増と、7年連続で前年実績を上回った。スバルオブアメリカのトーマスJ・ドール社長兼COOは、「2015年の勢いは、2016年も続いている。1月は新記録」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. レースクイーンが時間を知らせる「サーキット時計」第3弾はスーパーフォーミュラ

    レースクイーンが時間を知らせる「サーキット時計」第3弾はスーパーフォーミュラ

  2. 【節約絶景ドライブ】見どころが多すぎる!? 石川県・能登半島編

    【節約絶景ドライブ】見どころが多すぎる!? 石川県・能登半島編

  3. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  4. ウェザーニューズ、今年の梅雨の天気傾向を発表…九州は例年より大雨の予想

  5. 【JNCAP2015】表彰式に眞鍋かをりさん「買うクルマの安全性わかるのは良いこと」」

  6. 【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

  7. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  8. レースクイーンが時間をお知らせ!「サーキット時計」2016年の第2弾はSUPER GT

  9. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  10. スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

アクセスランキングをもっと見る