「ETC2.0 車両運行管理支援サービス」の社会実験を開始…12組17社

自動車 社会 行政

ETC2.0車両運行管理支援サービスに関する社会実験
  • ETC2.0車両運行管理支援サービスに関する社会実験
  • 社会実験の公募結果
国土交通省は、民間企業12組17社とともに、ETC2.0車両運行管理支援サービスに関する社会実験を実施すると発表した。

国交省では、道路を賢く使う取り組みの1つとしてITを活用した物流管理を推進している。この一環で、ETC2.0のビッグデータを活用した「ETC2.0車両運行管理支援サービス」の導入によって、トラックの正確な到着時間の予測が可能となり荷待ち時間を短縮できるほか、トラック運転の危険箇所をピンポイントで特定するなどの効果が期待される。

「ETC2.0車両運行管理支援サービス」に関する社会実験は昨年11月、参加企業を公募してきた。運行管理効率化やドライバーの安全確保など、様々な取り組みを提案する応募が民間企業14組19社からあった。提案内容等を確認した結果、12組17社の要件が満たされていることを確認、これらの事業者と実験を開始する。

実験では、参加者から提案のあった運行管理効率化やドライバーの安全確保など、様々な取り組みを試行し、実現可能性や有効性を確認する。

業務支援用ETC2.0車載器が販売されて間もないことを踏まえ、多様な提案内容を取り入れた社会実験を進めるため、2016年度に第II期の実験参加者を追加公募する予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. ETC2.0最大50%割引など貨物・旅客への支援厚く...国交省二次補正、自動車関連など

    ETC2.0最大50%割引など貨物・旅客への支援厚く...国交省二次補正、自動車関連など

  2. 鉄道乗換え時間ピーク時とオフピーク時の差、首都圏は1.0分と三大都市圏で最大…大都市交通センサス調査

    鉄道乗換え時間ピーク時とオフピーク時の差、首都圏は1.0分と三大都市圏で最大…大都市交通センサス調査

  3. 会社敷地内の踏切で列車と乗用車が衝突

    会社敷地内の踏切で列車と乗用車が衝突

  4. 転倒したバイクの運転者が死亡、後続車がひき逃げの可能性も

  5. 【台風11号】中央道 勝沼IC~八王子IC、東名 富士IC~清水JCTなどで通行止め

  6. トヨタ カローラ の耐久性、ここに極まる?!…パキスタンで実証[動画]

  7. 死亡ひき逃げ事件、不法滞在だった女を容疑者として逮捕

  8. 追突事故で大型車の間に挟まれる…軽乗用車の2人が重傷

  9. 原付バイクと衝突して逃走、ナンバーの目撃情報から容疑者を逮捕

  10. 飲酒運転のクルマが2件の追突事故、33歳の男を逮捕

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら