スバルAWDのすべてを雪上で試す…「フルタイム」だからこその走破性を実感

試乗記 国産車

スバルのAWDを北海道の雪上で体験
  • スバルのAWDを北海道の雪上で体験
  • スバルのAWDを北海道の雪上で体験
  • スバルのAWDを北海道の雪上で体験
  • スバルのAWDを北海道の雪上で体験
  • スバルのAWDを北海道の雪上で体験
  • スバルのAWDを北海道の雪上で体験
  • スバルのAWDを北海道の雪上で体験
  • スバルのAWDを北海道の雪上で体験
2月初頭、富士重工は北海道・千歳のモトクロス場を使い、AWDモデルのメディア試乗会を開催した。

富士重工のスバルブランドはAWDの比率が非常に高いことで有名。SUVだけに絞ってみると『レガシィアウトバック』、『フォレスター』、『XV』、『クロスオーバー7』(エクシーガを含む)は、すべてのグレードがAWDのみで構成されている。参考ではあるが、『インプレッサ』(スポーツ&G4)を見てみてもAWD構成比は74%と非常に高いものとなっている。

今回開催されたこの試乗会は、スバルのAWDモデルの実力とシステムによっての違いを感じ取るためのもので、非常に多くの車種がラインアップされた。試乗はモトクロスコース内に用意された特設コースが2タイプと、コース外の一般路。

モトクロスコース内は完全なアイスバーンやや圧雪路などが混ざり合ったコースで、アップダウンも激しいもの。さらに、完全な氷盤のスキッドパッドまでが用意されていた。さまざまな車種を乗ったが、どれも高いウインター性能を発揮してくれた。今回の試乗会ではブリヂストンの協力を得て、スタッドレスタイヤの「ブリザック」が装着されていたが、そのほかはノーマルのままであった。

さまざまな車種で、さまざま路面、コーナー、起伏、坂道を走って感じたのはスバルAWDの走破性の全体としての高さ。2WDを基本に空転時に4WDとなるスタンバイ4WDではなく、つねに前後に駆動力を配分しているフルタイム方式だからこそ得られた走破性だと言えるだろう。
《諸星陽一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

試乗記 アクセスランキング

  1. 【メルセデスベンツ Eクラス 試乗】非の打ち所がないとは、こういうことか…岩貞るみこ

    【メルセデスベンツ Eクラス 試乗】非の打ち所がないとは、こういうことか…岩貞るみこ

  2. 【トヨタ エスティマ 試乗】まだまだ現役! 史上もっとも気持ち良い走りと質感…青山尚暉

    【トヨタ エスティマ 試乗】まだまだ現役! 史上もっとも気持ち良い走りと質感…青山尚暉

  3. 【トヨタ プレミオ / アリオン 試乗】フルモデルチェンジならばもっと良かった…松下宏

    【トヨタ プレミオ / アリオン 試乗】フルモデルチェンジならばもっと良かった…松下宏

  4. 【プジョー308 ディーゼル 試乗】スムーズにしてトルクフル、時代にマッチした1.6ディーゼル…諸星陽一

  5. 【マツダ アクセラ 試乗】「気がつかないけれど、効いている」人馬一体への進化…高山正寛

  6. 【トヨタ エスティマ 試乗】10年も経ったらフルモデルチェンジが当然…松下宏

  7. 【レクサス LX 試乗】何とも古くさい乗り心地は価格に見合うのか…松下宏

  8. 【メルセデスベンツ Eクラス 試乗】 世界最高の先進技術満載は間違いないのだけど…中村孝仁

  9. 【ホンダ オデッセイハイブリッド 試乗】燃費も乗り心地も優秀、ファミリーの理想的なミニバン…青山尚暉

  10. 【レヴォーグ STIスポーツ 試乗】1.6リットルモデルという賢い選択肢…諸星陽一

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら