ホンダ、米国で223万台を追加リコール…タカタ製エアバッグの不具合

自動車 ビジネス 海外マーケット

ホンダCR-V
  • ホンダCR-V
  • ホンダ・インサイト
  • ホンダCR-Z
  • ホンダ・フィット(北米仕様)
  • アキュラ ILX の2016年型
ホンダの米国法人、アメリカンホンダは2月3日、タカタ製エアバッグの不具合により、米国でおよそ223万台を追加リコール(回収・無償修理)すると発表した。

このリコールは、タカタ製のエアバッグのインフレーター(膨張装置)の不具合によるもの。ガス発生剤の成型工程や成型後の吸湿防止措置が正しく行われず、密度が不足したガス発生剤が組み込まれた可能性がある。これにより、エアバッグ展開時にインフレーター内圧が異常上昇。インフレーター容器が破損して飛び散り、出火や乗員が負傷する恐れがあるという内容。

今回の追加リコールは、米国で2015年12月、フォード『レンジャー』が事故を起こし、エアバッグの異常破裂で乗員が死亡したことを受けての対応。従来、不具合が確認されていた年式以外での死亡事故となったことから、米当局が自動車メーカーに対して、追加リコールを要請していた。

ホンダの場合、米国で約223万台を追加リコール。2007-2011年モデルの『CR-V』、2009‐2014年モデルの『フィット』、2010-2014年モデルの『インサイト』、2011-2015年モデルの『CR-Z』、2013-2016年モデルのアキュラ『ILX』など、合計で11車種が該当する。

アメリカンホンダは今夏から、リコール作業に着手する予定。追加リコールにより、ホンダの米国でのタカタ製エアバッグのリコール台数は、およそ851万台に拡大する。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

    日産、下げ止まらない国内販売シェア 第1四半期決算

  2. マツダ、世界生産台数が5年連続プラス 2016年上半期実績

    マツダ、世界生産台数が5年連続プラス 2016年上半期実績

  3. トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

    トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

  4. 【リコール】日産 NV350 キャラバン など9万台、駐車ブレーキが効かなくなるおそれ

  5. 三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

  6. スバル富士重、グローバル生産が5年連続で過去最高 2016年上半期実績

  7. 小学生が車を塗装…夏休みイベントをBASFがサポート

  8. 三菱自、燃費データ不正問題が響き国内シェア2.0%に低下 2016年上半期実績

  9. ホンダ、世界生産台数が全半期を通じ過去最高を記録 2016年上半期実績

  10. コマツ、ICT後方超小旋回油圧ショベルを発売…i-Construction対応

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら