トヨタのインド販売、35.6%減…ディーゼル登録規制の影響 1月

自動車 ビジネス 海外マーケット

トヨタ エティオス エクスクルーシブ
  • トヨタ エティオス エクスクルーシブ
  • トヨタ エティオスリーバ
  • トヨタ・エティオス クロス(デリーモーターショー14)
トヨタ自動車のインド車両生産・販売会社、トヨタ・キルロスカ・モーター(TKM)は2月1日、1月のインド新車販売の結果を明らかにした。

同社の発表によると、1月の総販売台数は9256台(輸出を含む)。前年同月の実績に対して、35.6%減となり、5か月連続で前年実績を下回った。

1月実績の9256台の内訳は、インド国内販売分が8511台。前年同月は8%減と、6か月連続のマイナス。TKMは2014年10月、主力車の『エティオス』と『エティオス・リーバ』に初の大幅改良を実施。このエティオスをはじめ、『カローラ』、『カムリ』が販売の中心。

また、TKMは2012年4月から、現地生産車のエティオスシリーズの海外向け輸出を開始。1月はこのエティオスを、745台輸出した。前年同月比は56.5%減と、引き続き大きく落ち込む。

TKMのN・ラジャ営業&マーケティング担当上級副社長は、「1月の販売は、デリーおよび首都圏での排気量2.0リットル以上のディーゼル車に対する登録規制の影響を受けた」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

    国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

  2. 三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

    三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

  3. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

    マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  4. 【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

  5. マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

  6. 【池原照雄の単眼複眼】ソウルレッドの次はこれだ…マツダの新ボディカラー

  7. スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

  8. ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

  9. プリウスの乗り心地を再現したコーヒーが完成…トヨタ×BLUE BOTTLE COFFEE

  10. 【リコール】UDトラックス クオン、謎の自動ブレーキ…プログラム不具合だった

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら