東京メトロ、「全駅・全車両」で訪日客向け無料Wi-Fiを提供へ

鉄道 企業動向

利用可能駅に掲出されているマーク
  • 利用可能駅に掲出されているマーク
  • 「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」アプリ画面イメージ
 東京メトロは4日、現在提供している訪日外国人向け無料Wi-Fiサービスについて、提供エリアを全駅・車両内に拡大する計画を発表した。

 東京メトロは2015年3月時点で、179駅・車両2702両を保有。そのうち108駅構内で、訪日外国人向け無料Wi-Fiサービスを提供している。訪日外国人向け無料Wi-Fiは、2014年12月より提供を開始。NTTBPの認証アプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」にも参画している。

 利用時間は3時間/回(回数制限なし)で、SSID名称は「Metro_Free_Wi-Fi」。なお、車両内には、KDDIグループの無料Wi-Fiサービス「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」も導入の予定。こちらはWi2が提供する訪日外国人向け無料アプリ「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」を通じて利用可能。

 この無料Wi-Fiサービスについて、6月1日より東京メトロ全駅に拡大。車両内には2016年度から順次導入を進めていく方針だ。
《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  2. 札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

    札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

  3. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

    伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

  4. JR西日本の阪和線用225系改良車、7月から運転開始

  5. エヴァ新幹線、7月から再び運行へ…山陽新幹線「500 TYPE EVA」

  6. 東武鉄道、松原団地駅を「獨協大学前」に改称へ…副名は「草加松原」

  7. 駅があった場所に造られた「駅」…北海道の廃線跡にできた民宿を訪ねてみた

  8. 運輸審議会、宇都宮LRT計画で公聴会の開催を決定…7月26日

  9. 西武鉄道と秩父鉄道、西武秩父発のSL列車再び運転…7・8月の2日間

  10. 京急電鉄、久里浜線の延伸事業など凍結…三浦半島の人口減受け

アクセスランキングをもっと見る