東京メトロ・都営地下鉄のフリー切符、有効期間を時間単位に…3月26日から

鉄道 企業動向

東京メトロは現在の「一日券」を「24時間券」に変更。使用開始時刻によっては翌日も利用できるようになる。
  • 東京メトロは現在の「一日券」を「24時間券」に変更。使用開始時刻によっては翌日も利用できるようになる。
  • 外国人旅行者などを対象に発売されている「Tokyo Subway Ticket」も、1・2・3日券が24・48・72時間券に変更される。
東京地下鉄(東京メトロ)と東京都交通局は2月4日、両社局が発売している一部のフリー切符について、有効期間を「日数」から「時間」に変更すると発表した。3月26日に実施する。

東京メトロは、「東京メトロ一日乗車券」(大人600円・子供300円)を「東京メトロ24時間券」に改称。有効期間は使用開始から24時間とする。修学旅行などの学生向けに販売している「東京メトロ学生用1日券」も「東京メトロ学生用24時間券」に改称し、「東京メトロ24時間券」と同様に扱う。発売額は変更しない。

現在の「東京メトロ一日乗車券」は使用開始の時刻にかかわらず、利用できるのは当日の終列車までになるが、「東京メトロ24時間券」は3月26日の17時に使用を開始した場合、翌27日の17時まで利用できる。

外国人旅行者や首都圏以外からの旅行者を対象に東京メトロと東京都交通局が発売している「Tokyo Subway Ticket」は、1日用・2日用・3日用の3種類が発売されているが、これらも24時間用・48時間用・72時間用に変更する。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR東日本、千葉新駅舎を11月オープン…線路上空の3階に移転

    JR東日本、千葉新駅舎を11月オープン…線路上空の3階に移転

  2. JR東日本のお座敷電車「ニューなのはな」、8月で引退へ…181系の「残党」減る

    JR東日本のお座敷電車「ニューなのはな」、8月で引退へ…181系の「残党」減る

  3. 川崎重工、都営大江戸線向け鉄道車両を88両受注…2018年度から納入

    川崎重工、都営大江戸線向け鉄道車両を88両受注…2018年度から納入

  4. JR東日本、仙台地区に4両固定編成のE721系導入で混雑緩和…11月頃から

  5. JR東日本、国鉄色気動車に取り付けるヘッドマークのデザイン募集

  6. JR東日本、415系ステンレス車の引退記念列車を運転…6月25日

  7. JR東日本、東北本線で平泉世界遺産登録5周年記念のラッピング車運転…701系を装飾

  8. 阿武隈急行の旧国鉄電車、5月28日にラストラン

  9. 京急電鉄、久里浜線の延伸事業など凍結…三浦半島の人口減受け

  10. 西武鉄道、新宿線中井駅の改札を地下に移動…バリアフリー化で国の基準を達成

アクセスランキングをもっと見る