東京メトロ・都営地下鉄のフリー切符、有効期間を時間単位に…3月26日から

鉄道 企業動向

東京メトロは現在の「一日券」を「24時間券」に変更。使用開始時刻によっては翌日も利用できるようになる。
  • 東京メトロは現在の「一日券」を「24時間券」に変更。使用開始時刻によっては翌日も利用できるようになる。
  • 外国人旅行者などを対象に発売されている「Tokyo Subway Ticket」も、1・2・3日券が24・48・72時間券に変更される。
東京地下鉄(東京メトロ)と東京都交通局は2月4日、両社局が発売している一部のフリー切符について、有効期間を「日数」から「時間」に変更すると発表した。3月26日に実施する。

東京メトロは、「東京メトロ一日乗車券」(大人600円・子供300円)を「東京メトロ24時間券」に改称。有効期間は使用開始から24時間とする。修学旅行などの学生向けに販売している「東京メトロ学生用1日券」も「東京メトロ学生用24時間券」に改称し、「東京メトロ24時間券」と同様に扱う。発売額は変更しない。

現在の「東京メトロ一日乗車券」は使用開始の時刻にかかわらず、利用できるのは当日の終列車までになるが、「東京メトロ24時間券」は3月26日の17時に使用を開始した場合、翌27日の17時まで利用できる。

外国人旅行者や首都圏以外からの旅行者を対象に東京メトロと東京都交通局が発売している「Tokyo Subway Ticket」は、1日用・2日用・3日用の3種類が発売されているが、これらも24時間用・48時間用・72時間用に変更する。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 北陸新幹線、JR西日本もトンネル内での携帯電話サービス提供へ

    北陸新幹線、JR西日本もトンネル内での携帯電話サービス提供へ

  2. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

    JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  3. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  4. JR東海、東海道線草薙駅を橋上化…9月18日から

  5. JR九州、豊肥線の熊本・大分県境部を7月9日再開へ…特急も一部再開

  6. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

  7. 札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

  8. 駅があった場所に造られた「駅」…北海道の廃線跡にできた民宿を訪ねてみた

  9. 【ものづくりワールド16】群馬県の中小企業が考えた乗用鉄道模型が全国で人気に

  10. デジタルサイネージ一体型ホームドアを開発…東急が実証実験

アクセスランキングをもっと見る