ホンダ、帰宅困難者対策訓練に参加…EVと外部給電器による電力供給を実演

エコカー EV

ホンダは、2月8日に実施される「平成27年度 東京都・千代田区合同帰宅困難者対策訓練」に参加し、電気自動車『フィットEV』と外部給電器「パワーエクスポーター9000」による災害時を想定した電力供給の実演を行う。

訓練は、首都直下地震により、多数の帰宅困難者が発生したとの想定で、駅、商業施設、公共施設管理者などが連携し、混乱の防止や安全確保に努めるもの。今回は、東京駅、飯田橋駅、四ツ谷駅、秋葉原駅など各駅周辺で実施される。

ホンダは、フィットEVからパワーエクスポーター9000を介して電力供給を行うことで、同社が提案するエネルギーが「つながる」技術が災害時の安全・安心の確保に役立つ実例を紹介する。皇居前の行幸通りに設置する「情報機動ステーション」では通信・情報提供機器へ、日比谷公園で実施する普及啓発イベントでは暖房・調理器具へそれぞれ電力供給の実証を行う。

また、日比谷公園会場では他社製の電動車両との接続互換性を備えたパワーエクスポーター9000と参加各社の一部の電動車両との接続デモンストレーションも行う予定だ。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品