【ホンダ オデッセイ 改良新型】ハイブリッド販売比率が5割…事前受注は7割に

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ オデッセイ ハイブリッド
  • ホンダ オデッセイ ハイブリッド
  • ホンダ オデッセイ アブソリュート ハイブリッド
  • ホンダ オデッセイ ハイブリッド
  • バッテリーは前席床下に
  • ホンダ オデッセイ ハイブリッド
  • ホンダ オデッセイ ハイブリッド
  • ホンダ 日本本部営業企画課 道下陽介 主任
  • ホンダ オデッセイ ハイブリッド
ホンダは一部改良を機に『オデッセイ』に新たにハイブリッドモデルを設定し、2月5日から販売を開始すると発表した。ハイブリッドモデルの燃費は26km/リットルで、価格は356万~405万6400円となっている。

商品企画を担当した日本本部営業企画課の道下陽介主任は「上級ミニバンを買おうと思っているお客様の半数以上が環境対応車を考えていて、ハイブリッドミニバンに期待する燃費は25km/リットルまでで8割ほどを占めている。さらに購入予算は300万円台。こうしたお客様のご要望をすべて叶えるのが、今回のオデッセイ ハイブリッドになる」と強調。

さらに「オデッセイが属する上級ミニバン市場は年間15万~20万台で推移しており、ハイブリッド比率は18%ほどで、他のクラスと比べても少し低い状況。オデッセイではハイブリッドとガソリンの比率を半々と見込んでいる」と語る。

オデッセイのハイブリッドモデルとガソリンモデルとの価格差は約50万円と、競合他車に比べ価格差は小さいものの、この価格差を享受するには8万kmの走行が必要で、半々という比率は強気の数字ともいえる。

しかし道下主任は「他社の上級ミニバンのハイブリッド比率をみると20~30%で、装備見合いの価格差は70~80万円くらい。オデッセイは元が取れるところを狙っており、競争力で考えた時に半々になるだろうという計画になった」と話していた。

ちなみにオデッセイ改良型の事前受注はハイブリッドを含むシリーズ全体の月販計画2000台に対し4500台で、このうちの7割がハイブリッドで占められているという。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【ホンダ アコードハイブリッド】開発責任者「大幅に静粛性を向上」

    【ホンダ アコードハイブリッド】開発責任者「大幅に静粛性を向上」

  2. S660 無限 RA、限定660台で10月3日より発売…289万円

    S660 無限 RA、限定660台で10月3日より発売…289万円

  3. 【NEW環境展16】ゴミ収集車もデザインで勝負…モリタの新ブランド戦略

    【NEW環境展16】ゴミ収集車もデザインで勝負…モリタの新ブランド戦略

  4. 【ホンダ アコードハイブリッド】世界初、信号情報活用運転支援システムを標準搭載

  5. 【ホンダ アコードハイブリッド】内外装刷新、モーターやバッテリーも新設計

  6. ホンダ 無限 シビック タイプR…限られたユーザーに向けた「無限」のパワー[写真蔵]

  7. 【ホンダ アコードハイブリッド】開発責任者「全領域で40年目の進化」…改良新型

  8. 日産 コンセプト2020 ビジョンGT、『グランツーリスモSPORT』発表イベントに登場

  9. VWの新型クロスオーバーSUV、プロトタイプを激写

  10. BMW 7シリーズに創立100周年記念モデル…最上級の室内空間 1880万円

アクセスランキングをもっと見る