【トヨタ GAZOOレーシング】新型 TS050ハイブリッド でルマン初制覇へ…新ロゴも発表

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

WEC参戦車両のカラーリング(車両はTS040 HYBRID)
  • WEC参戦車両のカラーリング(車両はTS040 HYBRID)
  • 新TOYOTA GAZOO Racingロゴ
  • WRC参戦車両のカラーリング
  • ニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦車両のカラーリング
  • 全日本ラリー参戦車両のカラーリング
トヨタ自動車は2月4日、2016年のトヨタGAZOOレーシング活動計画を発表した。

来年からの参戦を予定している世界ラリー選手権(WRC)については、『ヤリス(日本名ヴィッツ)』をベースとしたWRC参戦車を、2017年FIA規定に沿って開発し、着実に準備を進めていく。

世界耐久選手権(WEC)、ニュルブルクリンク24時間耐久レース、全日本ラリー選手権には、チーム名「トヨタGAZOOレーシング」で参戦。WECでは、東富士研究所で開発した新ハイブリッドシステムを搭載した新型「TS050ハイブリッド」を投入し、年間タイトル獲得とル・マン24時間レース初優勝を目指す。参戦10年目を迎えるニュルブルクリンク24時間耐久レースでは、「レクサス RC」に加え「トヨタ C-HRレーシング」と「レクサス RC F」を新たに投入し、3台体制で参戦する。

米国では、引き続き「NASCAR」に参戦するとともに、南米「ダカールラリー」に参戦するトヨタ車体を支援。国内では「SUPER GT」「スーパーフォーミュラ」に参戦。「スーパー耐久」には「86」で参戦する。

そのほか、ドライバー育成プログラム「ラリーチャレンジプログラム」や「TDP(トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム)」、参加型モータースポーツ「86/BRZレース」「ネッツカップ ヴィッツレース」や「ラリーチャレンジ」などに取り組んでいく。

またトヨタ自動車は、トヨタGAZOOレーシング活動を象徴するロゴも、2月4日よりリニューアル。加えて、WRC、WEC、ニュルブルクリンク24時間耐久レース、全日本ラリーに参戦する車両のカラーリングを統一化することも合わせて発表した。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品