国交省、北朝鮮の打ち上げ事前通報を受け船舶・航空向けに注意喚起

航空 企業動向

北朝鮮のミサイル落下が予想される危険地帯
  • 北朝鮮のミサイル落下が予想される危険地帯
国土交通省は、国際海事機関(IMO)と国際民間航空機関(ICAO)から、日本を含む加盟国に対し、北朝鮮当局が弾道ミサイルと見られる「地球観測衛星・光明星」打ち上げのための事前通報があったとの連絡を受けたと発表した。

これを受けて国交省は、船舶と航空機の安全確保のため、対応策をまとめた。

北朝鮮は、2月8日~25日までの7時30分~12時30分まで、地球観測衛星打ち上げのため危険区域を設定した。地球観測衛星打ち上げに伴う落下区域は、黄海とフィリピン東方海域。

IMOからの航行安全情報を踏まえ、船舶運航事業者に対して航行警報を発出、周知を図るとともに注意喚起した。

また、ICAOからの情報について航空関係事業者に対して周知徹底を図るとともに、注意喚起を実施した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. ジェットブルー、A321ceoを15機発注…米工場で製造

    ジェットブルー、A321ceoを15機発注…米工場で製造

  2. ANA956便事故「機長の操作ミス」---運輸安全委員会

    ANA956便事故「機長の操作ミス」---運輸安全委員会

  3. JALの「九州ふっこう割」第2弾---最大2万円割引

    JALの「九州ふっこう割」第2弾---最大2万円割引

  4. 今後20年間に必要なパイロットとメカニック---約150万人

  5. 国際線の航空旅客人数12.4%増の1885万人、対韓国はマイナス 2015年度

  6. エミレーツ航空、ドバイ=ヨハネスブルグ線に A380 を投入 2017年2月から

  7. ジェットスタージャパン、速度計異常で重大インシデントに認定

  8. 「九州ふっこう割引」で熊本宿泊が最大3万円お得…ANAがツアー発売

  9. IHI、航空機エンジン「GE9X」開発に参画…ボーイング777Xに搭載

  10. ライアンエアー、ローマ便をフィウミチーノ発着に変更・欠航へ 10月14-29日

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら