国交省、北朝鮮の打ち上げ事前通報を受け船舶・航空向けに注意喚起

航空 企業動向

北朝鮮のミサイル落下が予想される危険地帯
  • 北朝鮮のミサイル落下が予想される危険地帯
国土交通省は、国際海事機関(IMO)と国際民間航空機関(ICAO)から、日本を含む加盟国に対し、北朝鮮当局が弾道ミサイルと見られる「地球観測衛星・光明星」打ち上げのための事前通報があったとの連絡を受けたと発表した。

これを受けて国交省は、船舶と航空機の安全確保のため、対応策をまとめた。

北朝鮮は、2月8日~25日までの7時30分~12時30分まで、地球観測衛星打ち上げのため危険区域を設定した。地球観測衛星打ち上げに伴う落下区域は、黄海とフィリピン東方海域。

IMOからの航行安全情報を踏まえ、船舶運航事業者に対して航行警報を発出、周知を図るとともに注意喚起した。

また、ICAOからの情報について航空関係事業者に対して周知徹底を図るとともに、注意喚起を実施した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. ANA、ベトナム航空と資本・業務提携で最終合意…コードシェア便を設定

    ANA、ベトナム航空と資本・業務提携で最終合意…コードシェア便を設定

  2. MRJ、飛行試験2号機が5月に初フライト…1号機は改修中

    MRJ、飛行試験2号機が5月に初フライト…1号機は改修中

  3. オバマ大統領が搭乗のエアフォースワン、給油のために横田基地へ立ち寄り

    オバマ大統領が搭乗のエアフォースワン、給油のために横田基地へ立ち寄り

  4. ドローン活用の映像とクリエイターを支援するセミナーを開催…6月5日に表参道ヒルズ

  5. JAL、関西=ホノルル線にプレミアムエコノミークラスを導入

  6. MRJ、エンジン空中停止や片エンジンなどの飛行試験を実施…三菱航空機

  7. 三菱重工、国産ステルス機「X-2」の初飛行に成功

  8. ANA、羽田=NY/シカゴ線や成田=メキシコ直行便を就航…北米・中南米ネットワークを拡充

  9. 英国ヒースロー空港、スターアライアンス23社が集結するターミナル2の運用を開始

  10. スカイロボット、人工知能を搭載したドローンで遭難者を探索する実証実験を実施

アクセスランキングをもっと見る