北朝鮮に対し迎撃ミサイルを配備、中谷防衛大臣が行動命令

航空 行政

PAC-3ミサイル・システム
  • PAC-3ミサイル・システム
  • PAC-3ミサイル・システム
  • ペトリオット発射機
中谷防衛大臣は2月3日、部隊などに対して、弾道ミサイルに対する破壊措置に関する自衛隊行動命令を発出した。

北朝鮮は国際海事機関等に対し、「人工衛星」の発射のため、2月8日から25日まで毎日7時30分から12時30分までの間、黄海、東シナ海、フィリピン東方の太平洋に、危険区域を設定したことを通報した。

このため、北朝鮮は近く「人工衛星」と称するミサイルを発射する可能性があるとして自衛隊は、事態が急変し日本に向けて弾道ミサイルが飛来する緊急の場合に備え、日本領域に落下することが確認された弾道ミサイルに対する破壊措置など、必要な措置を実施する。

破壊措置の実施に関し、航空総隊司令官の指揮を受ける部隊を「BMD統合任務部隊」と、航空総隊司令官を「BMD統合任務部隊指揮官」とそれぞれ呼称する。

部隊の規模は、スタンダード・ミサイルSM-3搭載護衛艦、ペトリオット・ミサイルPAC-3が配備されている高射部隊、航空警戒管制部隊その他所要の部隊とする。

北朝鮮から発射されたと考えられる弾道ミサイルが日本の弾道ミサイル防衛システムにより領域内に落下することが確認されたものは、SM-3、PAC-3を発射し、領域や日本周辺の公海の上空で破壊する。

SM-3搭載護衛艦は、日本海と東シナ海の日本領域を防護できる位置に配置。PAC-3部隊は、陸上自衛隊朝霞訓練場、陸上自衛隊習志野演習場、航空自衛隊市ヶ谷基地、航空自衛隊習志野分屯基地、航空自衛隊那覇基地、航空自衛隊知念分屯基地に配備する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. オバマ大統領が搭乗のエアフォースワン、給油のために横田基地へ立ち寄り

    オバマ大統領が搭乗のエアフォースワン、給油のために横田基地へ立ち寄り

  2. アメリカの大統領専用機 VC-25が羽田空港を離陸 [写真蔵]

    アメリカの大統領専用機 VC-25が羽田空港を離陸 [写真蔵]

  3. アメリカ空軍、カーター国防長官の来日にあわせE-4Bを運航

    アメリカ空軍、カーター国防長官の来日にあわせE-4Bを運航

  4. ルフトハンザドイツ航空、フランクフルト=ケープタウン線を再開へ…12月2日から

  5. バンコクエアウェイズ、ダナン線を開設…週4往復で運航

  6. MRJ、飛行試験2号機が5月に初フライト…1号機は改修中

  7. シンガポール航空、ヨハネスブルグ線にA350-900を投入へ…6月27日から

  8. 羽田空港の延長C滑走路、12月11日供用開始…地上と上空から見る[写真蔵]

  9. スカイロボット、人工知能を搭載したドローンで遭難者を探索する実証実験を実施

  10. ジェットスター、関西=熊本線を運休へ…国内線は1日最大96便を運航

アクセスランキングをもっと見る