JAXA、大西宇宙飛行士の訓練を公開…「材料実験に携わることが楽しみ」

宇宙 企業動向

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、国際宇宙ステーション(ISS)の第48次/第49次長期滞在クルーに任命されている大西卓哉宇宙飛行士がJAXA筑波宇宙センターでの訓練公開と記者会見を開いたと発表した。

大西宇宙飛行士は日本人として11人目の宇宙飛行士の選ばれた。6月に国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在する予定。

「きぼう」日本実験棟のエアロックのモックアップを利用して、船外実験プラットフォームに設置予定の「中型曝露実験プラットフォーム(i-SEEP)」、「小型衛星放出機構(J-SSOD)」を船外に搬出する準備の訓練が公開された。

その後、大西宇宙飛行士は記者会見で、「きぼう」の利用ステージが高度化・高頻度化していることを述べたほか、自身が学生時代に航空宇宙材料を勉強していたことから、「材料実験に携わることが楽しみ」と述べた。

今回の記者会見は、ISS長期滞在ミッション前の最後となる帰国の機会に合わせて実施した。今後、2月上旬まで筑波宇宙センターで「きぼう」のシステム機器や実験に関わる訓練を行う予定。日本での訓練を終えた後、6月頃からのISS長期滞在に向け、米国とロシアで最終的な訓練を行う。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. 国際宇宙ステーション「きぼう」で作成した「タンパク質結晶」、予定早め急きょ地球に帰還

    国際宇宙ステーション「きぼう」で作成した「タンパク質結晶」、予定早め急きょ地球に帰還

  2. 金星探査機「あかつき」に搭載の観測器が定常観測に移行…金星の観測を開始

    金星探査機「あかつき」に搭載の観測器が定常観測に移行…金星の観測を開始

  3. JAXA、金星探査機「あかつき」が軌道修正を実施…観測期間を延長

    JAXA、金星探査機「あかつき」が軌道修正を実施…観測期間を延長

  4. 金星探査機「あかつき」、金星雲の微細な凹凸の可視化に成功

  5. 130億光年彼方で一般相対性理論を検証…アインシュタインの説の正しさを裏づけ

  6. 先進光学衛星がプロジェクトに移行へ…349億円投じ2019年末打ち上げ目指す

  7. 大西宇宙飛行士、打ち上げ目標が6月24日午後3時14分に決定

  8. JAXA 光学地球観測衛星と光通信衛星をコラボ運用…2019年打ち上げを目指す

  9. 文部科学省、X線天文衛星「ひとみ」の異常要因分析を検証する小委員会を設置

  10. 国際宇宙ステーション「きぼう」からフィリピン第1号超小型衛星の放出に成功

アクセスランキングをもっと見る