マツダ CX-5、米国で販売を一時停止…26万台をリコール

自動車 ビジネス 海外マーケット

マツダ CX-5(北米仕様)
  • マツダ CX-5(北米仕様)
  • マツダ CX-5(北米仕様)
  • マツダ CX-5(北米仕様)
  • マツダ CX-5(北米仕様)
マツダの米国法人、北米マツダは2月1日、車両に不具合が見つかり、リコール(回収・無償修理)を行うため、『CX-5』の米国販売を一時的に停止した、と発表した。

今回のリコールは、燃料系統の不具合によるもの。北米マツダによると、追突された場合、燃料が漏れる恐れがあるという。

リコールの対象になるのは、2014-2016年モデルの『CX-5』。米国では、26万4463台がリコールに該当する。

北米マツダは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)に、CX-5のリコールを届け出ると同時に、同車の販売を一時的に見合わせた。

北米マツダは、「この不具合による事故や負傷者の報告は受けていない」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ポルシェ、EVスポーツの開発と生産準備…1400名以上を雇用

    ポルシェ、EVスポーツの開発と生産準備…1400名以上を雇用

  2. 定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

    定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

  3. 【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

    【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

  4. 【リコール】ダイハツ タント 80万台、バックドアステー破損で負傷のおそれ…塩害地域は要注意

  5. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  6. 三菱 アウトランダー 旧型、米国でリコール…融雪剤の影響で腐食

  7. タクシー初乗り410円、実証実験を都内4か所で実施…8月5日より

  8. フィアット欧州販売、13%増の9.8万台…Aセグ首位維持 6月

  9. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

  10. インプ vs ランエボ、WRC黄金期の2台をレンタルで乗り比べ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら