【日産 デイズ 試乗】課題はスペックに現れない部分の磨き上げ…藤島知子 | レスポンス(Response.jp)

【日産 デイズ 試乗】課題はスペックに現れない部分の磨き上げ…藤島知子

試乗記 国産車

日産 デイズ ハイウェイスター
  • 日産 デイズ ハイウェイスター
  • 日産 デイズ ハイウェイスター
  • 日産 デイズ ハイウェイスター
  • 日産 デイズ ハイウェイスター
  • 日産 デイズ ハイウェイスター
  • 日産 デイズ ハイウェイスター
  • 日産 デイズ ハイウェイスター
  • 日産 デイズ ハイウェイスター
軽に初めてアラウンドビューモニターを採用した日産『デイズ』。後退時はルームミラーの左端に自車の周りにある障害物の状況や駐車枠の白線に対するクルマの傾き加減などがチェックできるので、運転に不慣れなドライバーをサポートしてくれる嬉しい装備だ。

また、ロービームとハイビームを自動で切り替えるハイビームアシストも設定するなど、ドライバーをさり気なくフォローする安心機能も満載。軽自動車ながら、技術の日産を印象づける装備類は購入動機に結びつくだろう。

デイズは発売当初にはなかった「バッテリーアシストシステム」が設定されている。いわば、スズキの「Sエネチャージ」と同様の仕組みで、エンジンブレーキなどで回収したエネルギーをバッテリーに蓄えて、電装品の電力をまかなうためにエンジンのパワーロスが抑えられる。

今回試乗した660ccのターボエンジンは、上り坂を走る時など、アクセルペダルは軽い踏み込みであってもスイスイ登っていける余裕をみせる。赤信号などでブレーキを踏むと、アイドリングストップが作動。完全停止する前にエンジンはストップし、無駄なガソリンの消耗を抑える。

装備類の充実をはじめ、内外装のデザインはトレンドを捉えるのが巧い日産らしいセンスを感じるが、エンジン始動時や発進時などにエンジンルームから侵入する高めのノイズは軽自動車を意識させる部分。ブレーキペダルの踏み応えがちょっと頼りないところもあるので、スペックには現れない基本的な部分の磨き上げが今後の課題になるだろう。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★★

藤島知子|モータージャーナリスト
幼い頃からのクルマ好きが高じて、2002年からワンメイクレースに挑戦。市販車からフォーミュラカーに至るまで、ジャンルを問わず、さまざまなレースに参加している。2007年にはマツダロードスターレースで女性初のクラス優勝を獲得した経験をもつ。現在はクルマの楽しさを多くの人に伝えようと、自動車専門誌、一般誌、TV、WEB媒体を通じて活動中。走り好きの目線と女性の目線の両方向から、カーライフ全般をサポートしている。COTYの選考基準は、クルマと共に過ごす日常において、気持ちを豊かにしてくれるクルマかどうかに焦点を当てる。
《藤島知子》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品