ランボルギーニ世界販売、日本が3位に浮上…2015年

自動車 ビジネス 海外マーケット

ランボルギーニ ウラカン LP580-2
  • ランボルギーニ ウラカン LP580-2
  • ランボルギーニ ウラカン LP580-2
  • アヴェンタドール LP750-4 Superveloce
イタリアの高級スポーツカーメーカー、ランボルギーニ。同社の2015年の世界新車販売において、日本が3位に浮上したことが分かった。

これは、ランボルギーニが明らかにしたもの。「2015年の世界新車販売における市場別順位は、米国、中国、日本の順」と公表している。

2014年のランボルギーニの世界新車販売は、市場別では、米国、中国、中東、英国、日本の順。2015年、日本は中東と英国を上回り、5位から3位に順位を上げた。

なお、ランボルギーニの2015年の世界新車販売台数は、初の3000台超えとなる3245台。前年比は28%増と伸び、5年連続で前年実績を上回った。

3245台のうち、『ウラカン』が最多の2242台。初の1年フル販売となり、好調な実績を残した。ランボルギーニによると、ウラカンの発売18か月間の販売台数は、先代の『ガヤルド』に対して、70%伸びているという。

ランボルギーニのステファン・ヴィンケルマン社長兼CEOは、「2015年、ランボルギーニは全ての主要事業において、素晴らしい結果を残した。今後もブランドや商品ラインナップ、営業戦略の強化を図っていく」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. いすゞ自動車、GMとの次世代ピックアップトラックの共同開発を中止…単独で開発へ

    いすゞ自動車、GMとの次世代ピックアップトラックの共同開発を中止…単独で開発へ

  2. テスラ、ソーラールーフ開発へ…エネルギー生産と貯蔵を統合

    テスラ、ソーラールーフ開発へ…エネルギー生産と貯蔵を統合

  3. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

    米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  4. 三菱 ランエボ など、米国でリコール…サス部品脱落のおそれ

  5. 村田製作所、車載カメラに最適な巻線インダクタを商品化

  6. 新名神 四日市JCT~東海環状 東員IC間…港湾物流の効率化に期待 8月11日開通

  7. 宅配便取扱実績…ヤマト運輸、個数トップもメール便は2割減 2015年度

  8. ホンダ欧州販売…33.5%増の8.8万台、ヴェゼル が牽引 上半期

  9. 日本精工、米国集団訴訟で和解---軸受製品の価格カルテルについて

  10. 日本電産、車載向け好調で営業利益は過去最高 2016年4-6月期決算

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら